商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 露出計を使った商品撮影の仕方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
露出計を使った商品撮影
商品撮影のみならず写真を撮る行為で「露出」の決定は、バランスの良い写真には欠かせない要素ですが、最近ではデジタル撮影が主流になっているので、「カメラで撮ってみて何となく決めている」という方も多いのではないでしょうか?
実はこうした露出の決め方は「適正露出」と呼ばれていて、「標準露出」ではありません。
ん?どういうこと??と小難しくなりそうな匂いがしますが、簡単にご説明します。

適正露出は、カメラマンが「こんな感じの写真にしたい!という作為的な値」で、逆に標準露出は、「露出計できちんと計測された人間が見た状態に近い値」となります。
撮影の現場では適正露出を「撮り目」、標準露出を「出た目」と呼ぶことがあり、よくアシスタントが「F11でぇ~す」とか言っているのは「出た目」の数値です。

そして、露出の計測には「入射光」と「反射光」の計測方法があり、用途によって使い分けます。
まずは下の図を見ていただくと、赤アイコン(露出計)がどこの場所で計測しているかが分かると思います。
入射光と反射光の計測方法
ご覧の通り「入射光」はモデルの顔の前や商品の前に露出計を光の方向に向けて測ります。
逆に反射光はカメラ側から見た被写体に反射した光を計測しています。
それぞれ特長があり、商品撮影で主に使われるのは「入射光による計測」です。
反射光での計測は風景など対象が遠くにある場合に使います。

もちろんカメラだけでも露出の計測(目安)を知ることはできますが、カメラ内蔵のものは「反射光計測」となりますので、商品撮影用にキチンと入射光で標準露出を取得したい場合は、入門機として高価である必要は無いので露出計を1つ持っていると非常に便利です。
なぜ商品撮影で「入射光」での計測が必要なのかというと、「露出を決める部位によって多角的に計測ができる点」です。

例えばアパレルの撮影でモデルの顔に露出を合わせるのか?、はたまた服の右左どちらに合わせるのか?など撮影用途によって狙うべきポイントの標準露出を知ることができます。
また反射光で露出を商品に合わせていくと、着替えるごとに商品のカラーや生地の薄さなどが変わるため、同じ照明環境で撮っていても反射率に変化が生じて標準露出が狂ってしまいます。

と、ここまでは標準露出のお話で、少し応用編として「出た目」と「撮り目」を変えた事例を見てみましょう。
撮影事例
両方の写真の露出計測は「モデル顔前」で出た目はF11でした。
しかし、もう少しハイライトを利かせた写真にしたいので、撮り目はF9で撮影をしています。
言い換えれば、標準露出(人間が見た状態)はF11で、適正露出(作為的な値)をF9にしたということです。
どんなにたくさん照明を使っても基準となる数値を表示してくれるので露出計は便利で楽しいグッズです。

お客様からのご質問で「カメラの設定ってどうしていますか?」など写真の撮り方(設定値)を聞かれることがありますが、数値を言っても照明や撮影場所などによって様々変化するのがカメラの設定値なので、AUTO撮影から脱出してマニュアル撮影をしてみたい方は、露出計を揃えるとグンと創作に集中できますよ。

くれぐれも露出計で測るときは「シャッタースピード」・「ISO感度」の設定を行なって、ボケ味を出したいのか、クッキリした写真を撮りたいのかをイメージすることも忘れずに!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション