商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 綺麗に撮影された商品写真とは何なのか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
綺麗な商品撮影とは何か?
年々多くのネットショップがオープンする中、プロに商品撮影を依頼する理由というのは何でしょう?

「プロに頼んだ方が綺麗だから・・」

「Aショップは写真を変えたら売上が上がったらしい・・」

「自社で撮影する時間や環境がない」

商品撮影を外注する理由というのは大体こんなところでしょう。
確かにプロならば「綺麗な商品写真になる」これは正解ですが、では綺麗な写真とは何か?

・ショップの信頼感に繋がる写真
・価格以上の綺麗な質感を獲得できる可能性がある。
・説明写真として消費者に的確に商品を伝えることができる。


すごく好材料な印象を受けますが、少しひねくれた見方をすればこうなります。

・他社と見栄えが変わらない綺麗な定番写真になる。
・過剰な演出で実際に購入した時に違和感がある。
・本当に見せたい部分が説明できているか?は不明です。


綺麗な商品写真というのは、撮影する側やショップから見れば、「優秀な写真素材」ですが、主観によるところが大きい写真という世界は、「優秀な写真=満足できる写真」ということではありません。

つまり現在のショップに訪れる消費者(獲得したい消費者)に対してどういう情報として商品写真を掲載するか?を撮影に出す前に考えることは重要です。
商品撮影サービスを行う業者は「綺麗に撮影するための技術や経験」があるという点は否定しませんが、ネットショップ運営元が考えるべき「ショップの方向性」まで委ねてしまうのは危険です。

スタジオは「撮影者であって運営者ではない」この事を前提にカメラマンや撮影サービス側に遠慮をしないで撮影指示や依頼をして欲しいと思います。
例えば、ポイント部分を「デコルテ部分」・「袖口」・「ステッチ部分」・「裾部分」これを全着共通で撮って下さい。
指示としては明確で、ダメというわけではありませんが、そこに「ショップとしてのこだわりがあるか?」が重要です。
個人的には、服の型番によって「説明したい部分」は違って当然で、撮影箇所の指示が型番ごとに変わっても嫌悪感を抱くカメラマンなどいませんw。
それよりも心配なのは「こだわりがない」ことでショップの将来が少し見え隠れしてしまいます。

単純に綺麗に撮るということであれば、どこのスタジオも定番の撮り方を知っているので作業も効率化できます。
クライアント側の指示も「お任せ」というパターンが多くなれば、スタジオ側は「どこのショップも同じ設定で撮る傾向」になっていきます。
なぜ激安撮影スタジオが増えたのか?厳しい表現をすれば「これくらいの写真であれば納得するでしょ」という傲慢さも見えます。
依頼者の状況を確認しながら写真の仕上がりを目指すには、もちろん手間がかかります。
しかし、本来は撮影スタジオが目指すべき「綺麗な商品写真」というのは個々の顧客に合わせた撮影を考えることです。

「こんなイメージのショップにしたい!」・「こんな写真が好きです」
まずはこうした要望を撮影スタジオに提案してみて、反応を見ると良いでしょう。
もしもスタジオ側が、単純なライティング変更の要望を出した時に、
「それは別途料金がかかる・・」など渋った場合は、そもそもの料金設定が効率化だけを目指したものと判断できるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション