商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真の装飾は逆効果になるかもしれませんよ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品写真の装飾は必要か?
商品販売ページの構成写真については、ショップごとにパターン化されたものがあると思いますが、商品撮影に出したものが「説明写真」の要素の濃い素材の場合は、画像を加工して見栄えを良くしようとするケースがあります。
ただ、消費者目線から、こうした商品ページの構成方法(写真の見せ方)を考えたことはありますでしょうか?

パソコンやスマホを問わず、消費者(ユーザー)側はスクロールをしながら商品ページを見ています。
商品を見せるための要素として「イメージ画像から説明写真へ」、こうした動線での見せ方が通常は心地よい構成となりますが、「何が主題なのか?」を見失ってしまうと過度の装飾で写真自体の意図が伝わりにくくなってしまう場合があります。

よくあるパターンが白背景で撮られた写真に飾り枠などを合成して、説明写真がうるさくなってしまう例です。
次の写真を見て下さい。

装飾写真のサンプル
そのまま写真を使ったものと、余白部分に装飾をして合成された画像です。
単体の写真で見た場合、「そのまま」の写真では「少し余白が寂しい・・」と感じてしまい、デザインを足してしまう。
でもどうでしょう?
飾りがあると商品がストレートに伝わってこないと思いませんか?
例えばこうした合成された写真が1つの商品ページ上に5、6枚連続して掲載されていたら、印象はかえって悪くなります。

写真に対してデコフレームなどの演出は、「やればやるほど商品が安っぽくなります」
新聞の折込チラシなどで「とにかく目立たせたい戦法」ではありませんが、安い店ほど装飾が多く(笑)、デパート系の商品に自信がある店舗ほど写真に装飾はしていませんよね。
商品ページは消費者に展示する場所ですので、商品よりもデコフレームが目立ってはいけません。

消費者を惹きつける商品ページのよくあるパターンは、「主題となるイメージ画像」→「説明写真」→「シチュエーション写真」、こうした順番での構成です。
最初の写真で商品の印象付けを行い、次にスクロールして多面的に説明画像を見せる、そして最後の「カートに入れるボタン」に近接したところで「商品を買った時を連想させるイメージ写真」でそっとアピールする。(ダメ押しとも言うw)

もちろん写真自体に装飾(デコレーション)をするならば、最初の一枚だけでしょう。
人間の動線というのは、主題(商品)が分かっていれば、スクロールしている時は写真に注視していくものですので、そこに過度な装飾は必要ありません。

とはいえ、1つのライティングパターンで撮られた写真では、こうした構成は難しくなります。
ではどうするか?
1つの方法は「画像のトリンミングでカバーする」ことです。
例えば、商品のアップ、引いた状態の写真を組み合わせることで、売り手が見せたいポイントに強弱をつけて印象づけながら写真を並べることで同じような効果が出ます。
撮影パターンを追加することなく印象を変える方法の具体策としてはスタジオに相談してみても良いでしょう。
撮影スタジオは日々たくさんの写真を見ているはずですので、見せ方についてもアドバイスが貰えるハズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション