商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. モデル写真は商品撮影を前提に選びましょう

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影のモデルリストはどう見る?
先日、楽○ビジネスから乗り換えてこられたお客様がいました。
スタジオ撮影の業者を変えることは特に珍しいことでは無いのですが、何やら急いで納品して欲しい模様・・
事情をお聞きすると、既に他社さんで撮ったものを再度弊社で撮って欲しいとのことで「モデル選択を間違えた・・」と少々ご立腹の模様。

こうしたケースだとお世辞にも弊社もモデルの人数が多いわけではないので、イメージに合うかどうか打ち合わせをしていると、「前回のスタジオモデルさんの画像が実際と違っていた」ことが判明しました。
気になったので、そこのスタジオのサイトを覗いてみると・・
確かに難しい判断をせざるを得ないモデルリストの画像が並んでいました。

というのも「過剰なレタッチがされており、何が真実なのか分からないのです(笑)」
擬似的にモデル画像の1例を再現してみましたのでご覧ください。

モデル掲載画像の例
左の写真は「よくある宣材写真」、右側が問題の「過剰なレタッチ画像」を再現したものです。
上記は比較画像があるので、見分けやすいですが、1枚だけ掲載されていたら一般の方の判断ミスがあってもおかしくありません。
加えてコントラストや彩度も過剰にいじったこんなモデル画像ございました。

過剰な補正が加えられたモデル画像
もう、ここまで来ると選ぶのもギャンブルです(笑)
極端な事例を出してしまいましたが、画像のレタッチ云々よりも「商品撮影」という観点で業者を選ぶと間違いは生じにくいかもしれません。
このお客様の場合も初めから「脚色されているのはわかっていた」とのことです。
選んだ理由としては、数量や価格面のこともあり「大丈夫だろう」と感じたようです。

しかし、過度の脚色をOKとしているスタジオでは「商品撮影の色や風合いの忠実性」を保てるのか?という点で微妙です。
公開する写真というのは、いわば「スタジオの指標」ですので、個人的には「惑わす写真」というのは掲載したくありません。
そもそも加工をしなければ栄えないモデルを採用する気もありませんが・・

モデルによる商品撮影を依頼する時には必ずモデルを吟味すると思いますが、「どの土俵で選ぶか?」も重要です。
自然な感じで撮影され、ライティングのパータンで演出された写真が並ぶモデルリストから選ぶのであれば、そのスタジオは信頼度は高いでしょう。
しかし、コントラストがきつい写真や、妙に違和感を感じる画像が並んだモデルリストでは、根本的にそこのリスト(スタジオ)から選ぶこと自体、リスクが伴うと判断すべきです。

ネットサービスを行っているスタジオには同業者から見ても「ステキ」と感じる業者さんもいます。
ただ稀に、写真で儲けようとしているだけのスタジオもあるのでご用心♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション