商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真はコントラストと彩度の調整を慎重に

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品写真のコントラストと彩度の調整
撮影写真を補正する場合、多くの方が「明るさ調整」など直感的な部分をフォトショップなどの加工ソフトで行うこともあると思いますが、「コントラスト」や「彩度」の項目で画像の調整を施したことはありますか?
よくネットショップで見かけるのは「いじり過ぎ」の写真です。
スタジオで商品撮影・納品された段階でこうした過度な補正が行われていたのであれば致命的ですが、依頼元が行ってしまうケースもあります。
「いじり過ぎ」とは妙にモデル画像の肌が赤褐色になっていたり、濃度が濃すぎる写真です。

大体の原因は「コントラスト」や「彩度」を触ることで生じてしまい、過度に補正すると「いじり過ぎの写真」になってしまうようです。
そもそも商品撮影後に書きだされたJPEG画像はある意味で「完成品の写真」です。
これに手を加えれば「色合いがおかしくなる」のは当然です。
写真の色調の補正は前提として適切なモニター環境での補正を勧めますが、誰もがそうしたモニター環境で作業ができるとは限らないため、凡用モニターの場合は編集者の「カン」に頼ってしまうことになります。

実際に「コントラスト」や「彩度」の項目を触ったことがある人でしたら分かると思いますが、この項目は「写真の印象をすごく変える部分」でもあり感覚的に補正量を決めるしかない機能ですので慎重に行わなければなりません。
どれぐらい変化するのかサンプル写真を見て比較してみましょう。

コントラストと彩度調整の比較
左はJPEGで書き出した「元画像」となり、残りの2枚は「コントラストのみ」・「彩度のみ」を強めに補正した状態です。
「肌が重たい印象」になることや「色合い」も大きく変わってしまったのが分かると思います。
これを「コントラスト」と「彩度」をダブルで補正すると、「いじり過ぎ写真」が完成する可能性が大きくなります。

通常業者の場合は、「コントラスト」や「彩度」の前に「レベル補正」や「トーンカーブ」を最初に見ます。
そこで写真の仕上がりを追い込んでから、最終的に必要なら「コントラスト」と「彩度」を触ります。
個人的な意見ですが「商品写真」では触ることは極力避けます。
理由としては、「極力ノーマルな状態で納品したい」からです。

また画像補正の作業を行う照明環境(太陽光なら時間帯)によってもモニター上の画像の色合いの「見え方」は変わってしまいます。
「昨日夜に見た時はいい感じの写真」だったのに、朝起きてみたら「色が濃かった・・」なんてことが無いようにしたいものです。

商品撮影の場合、消費者は「掲載写真を信じて」購入しますので、コントラストと彩度の調整は特に慎重に行っていきたいものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション