商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. CCD(撮像素子)を知って綺麗な写真を撮る!

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
CCD(撮像素子)と綺麗な写真
以前、このブログで「撮影写真は高画素だからといって綺麗ではない」というタイトルで高画素の数字だけで「カメラの性能(描写力)は判断しない」ということに触れましたが、今回はもう少し掘り下げてCCD(撮像素子)について知識を深めていきます。

まず、CCD(撮像素子)とは何か?ですが、これはややこしい話になるのでザクっと説明すると、フィルムカメラの場合だとシャッターを切った時にフィルムに光が入り像(ネガ焼き)を作りますが、デジカメの場合はシャッターを押す、その瞬間に光がカメラ内部に入り込み、まずCCD(撮像素子)に受光し「被写体の明暗を電気に換えて信号化」します。
フィルムで例えるなら「フィルムに光が届く前の処理」となり「受け取った光を電子信号に変える役目」ですので、まだこの段階では写真としての画像ではありません。誤解を恐れず書くなら「光の量(明暗)の感知役」ですね。

CCD(撮像素子)は格子状に配列されていて、1マス(画素)の数が500万画素とか1200万画素と表記されています。

画素の説明
ということは?写真一枚に500万個の情報と1200万個では、やっぱり高画素の方が綺麗なのでは??・・
一般的に考えると画素数が増えれば、より細かな部分まで再現できることになりますが、上記に書いたように「CCD(撮像素子)が電子信号に変えただけの状態」は写真ではありません。
信号化された情報が次に行く先(パーツ)は、「撮像素子(イメージセンサー)」そうです!大本命の登場です!!
受け取った信号をデジタルデータ(写真としての情報)に変換をする部品ですので、この部分はサイズが大きいほど描画できる情報が多くなり「綺麗な写真」が生成されるのです。

さらに言えば、「レンズ」+「撮像素子(イメージセンサー)」+「画像処理エンジン」が良ければ綺麗な写真になる!
残念ながらCCD(撮像素子)は信号変換器なので、ここで写真が生成される訳ではありません。

スマホの場合は、特に「撮像素子(イメージセンサー)」についての表記がされるケースはあまりなく、「有効画素数1800万画素」などCCD(撮像素子)を強調する傾向にあります。

有効画素数の比較
上記の有効画素数の比較を見てもらえば分かるように、xperia Z4とプロ機として定評のあるEOS-1D XのCCD(撮像素子)の数値はEOSの方が低くなる。

「だから私はエクスペリア♪」CMみたいなことにならないように(笑)

CCD(撮像素子)はデジカメにとって重要な役割を果たしていることは否定できませんが、機能と役割を知っていれば数値に惑わされることはなくなると思います。
現在、市場に出回っているどのカメラもCCD(撮像素子)的には、どれを買っても何の問題もありません。
大事なことはCCD(撮像素子)以後の回路の性能だと覚えておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション