商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影写真の画像ファイル形式のまとめ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影写真の画像形式
普段何気なく使っている画像形式、写真を扱う人の場合の多くは「JPEG(ジェイペグ)」の拡張子がついたものをサイトやメールなどに使用していると思います。
でも、画像ファイルにはJPEG以外にも保存形式は様々あります。
まず画像運用時に着目すべき点は、保存形式(拡張子)毎に色の数や圧縮率(ファイルの軽量化や劣化具合)が違うということや、写真画像自体のキメ細かさにも変化がありますので、気をつけたいものです。
今回はそんな画像形式の特長をまとめておきますので、「なんでこの拡張子を使ってるの?」と素朴な疑問が湧いた時は、参考にしてみてください。

画像には写真が記録されるだけではない

Exif(エグジフ)情報というのを聞いたことがありますでしょうか?
ちょっと前に、芸能人がブログに写真をアップしていたら、撮影場所がバレた!など少し話題になりましたが、画像には単純に写真としてのデータとExif(エグジフ)情報を含有させることのできる保存形式があります。
Exif(エグジフ)情報には撮影した日時やカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、GPS情報(位置)などの情報を埋め込んで記録することができますので、芸能人の撮影場所が発覚したのはGPS情報が埋め込まれていたからです。
もちろん任意で削除もできますが、大量の写真を扱う場合に手軽に整理できるメリットもあります。
こうしたExif(エグジフ)情報が埋め込めるのは写真ファイルの形式としては「JPEG」と「TIFF(ティフ)」となります。

画像(ファイル)形式の種類と特長


JPEGJPEG(ジェイペグ)Joint Photographic Experts Group


撮影された画像を高い圧縮率で保存できるファイル形式で、書き出し時の画質の圧縮率をユーザー側が自由に設定でき、市販のソフトを使えば最高画質から低画質まで圧縮することができます。しかし高圧縮といっても何度も書き出しを行えば画像の劣化も大きくなりますので注意が必要です。
主な用途としてはネット用の画像やメールへの添付などですが、最近では解像度とカラーを調整すれば印刷用途にも使われるようになってきています。

 


TIFFTIFF(ティフ)Tagged Image File Format


基本的にTIFF形式のファイルは非圧縮ファイルとして記録されるため主に印刷用途に使われることが多いです。
印刷用に好まれる理由としては圧縮による品質劣化のないデータ生成が可能なため、入稿された画像をレイアウトによってサイズを変える場合など、画像の劣化を気にせず行えるため自由度が高くなります。
しかし非圧縮のため、ファイルサイズは相当大きくなる点やTIFF自体の記録方式にも種類があり、同じTIFFファイルでも互換性がない場合もありますので、印刷業者とのやり取りには事前確認が必要なファイル形式です。紙媒体への出力用に撮影された写真は基本的にはこの形式がトラブルが少ないです。

 


RAWRAW(ロウ)


撮影されたデータがデジタル現像が行われていないそのまま(生)のデータ形式です。基本的にはカメラメーカーや機種ごとの固有のデータ形式のため、画像データを触るには純正のソフトや対応する市販ソフトが必要となります。RAWという拡張子でネット公開ができるわけではなく、現像処理後に納品先の使用用途に合わせてJPEGやTIFF形式などに変換します。
分かりやすく言えば、フィルムのネガの状態で、プリントアウトされたものが各画像形式だと考えると理解しやすいかもしれません。

 


PNGPNG(ピング)Portable Network Graphics


コンピューター間で主に扱う画像データの最近の主流です。もともとネット利用を前提に開発されたため、スマホサイトなどではこのPNG形式を多用している例が見られます。高解像度化ディスプレイの環境の進化もあるのかPNGは品質劣化のないデータ圧縮を行っているため、写真のような画像データを綺麗に見せる場合は重宝されています。しかしJPEG形式に比べてデータ容量が大きくなりますので何でもPNGにしてしまうのはチョット難ありです。ウェブデザインなどをやっている人からすれば、PNGの最大のメリットは透過表現ができる点で、背景が変わっても影響を受けない画像を作ったりすることができます。

 


GIFGIF(ジフ) Graphics Interchange Format


ネットで扱いやすいように、ファイル容量を小さくしたファイル形式で256色のカラー表現となります。そのため細かなグラデーションや精細なカラー表現を重視した写真の書き出しには向きません。最近では画像サイズを抑える汎用画像として使われるケースが多く、Flashなどのアニメーション効果の演出が一般的ではなかった時代は、アニメーションGIFはサイト構成にインパクトを与える演出方法の1つでした。

 


BMPBMP(ビーエムピー)Bitmap


windowsを使っている人なら昔から馴染みのある標準的な画像ファイル形式です。モノクロ2階調(白と黒のみの2色)から24bitフルカラー(16,777,216色)までサポートしていて、基本的には非圧縮で画像を保存します。 ただファイル容量は非常に大きくなります。撮影した写真をBMPでほしいという人は今はあまり見かけなくなりましたが、画質的には非圧縮なので最終書き出しデータとしては優秀ですが、同じ納品ならTIFFかな・・って感じです。BMPはプログラム用途で使うことが多く、分かりやすい例では「ディスクトップの壁紙の画像」です。その手の用途以外はデータ容量の大きさから他の形式を選ぶのが無難です。

 


以上が、写真撮影時の画像ファイル形式の主な特長です。
単純に写真データといってもそれぞれ画質や用途に違いがあることが分かると思います。
個々のファイル形式別のさらに詳しい解説は、またの機会にしまして、ひとまずは目的に合った画像形式の運用に心掛けましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション