商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 優秀レンズは撮影のちょっとした場面で役に立つ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
レンズ特性を活かした撮影
一眼レフカメラで商品撮影をしている方にとって、レンズ性能といえば「描写力」と考えがちですが、優秀なレンズを使うメリットは何も描写性能だけではありません。
基本的に写真の描写力というのはカメラ側のイメージセンサーや処理エンジンに依る部分も大きいため、一概に「レンズを変えたら世界も変わる!」なんて論理でレンズ部分だけで評価はできません。

では高価なレンズ・・いや?価格だけでは判断できないので、今回は「優秀レンズ」と書かせていただきますが、こうしたレンズの恩恵を受ける場面はどのようなものがあるか、ご紹介していきます。

太陽光下での撮影にみられるフレア現象


フレア現象
屋外で晴れた日に撮影をしていると画面の一部分が白くぼやけたようになる状態がフレア現象です。
この現象はレンズの内の鏡胴部分やレンズの表面反射が原因で発生します。
フレアが起こるとコントラストやシャープネス・彩度も低下することがあるので注意したいものです。

レンズの反射で生じるゴースト現象


ゴースト現象
フレアに似たような現象ですが、強い光源下での撮影で、レンズ面でランダムに反射した光が球状や線状に写ってしまうのがゴースト現象。
ゴーストも基本的に撮影写真から除外したい光線ですが、意図的にゴーストを生じさせて表現する撮影手法もあります。
ゴーストを軽減する対策としてはレンズフードやフィルターを活用します。

望遠レンズの撮影でよくある収差や歪曲


収差と歪曲
望遠レンズを装着して「望遠側」・「広角側」で撮影した時に被写体が膨張したり、「しぼんだりする」写真が撮れてしまう状態が収差や歪曲にあたります。
単焦点レンズや広角レンズでは起きない?というわけではなく、レンズ個々の特性により収差率は変化します。
レンズカタログに記載されているグラフは収差や歪曲の度合いを示しています。

ササッと用語だけを説明しましたが、上記以外にもコマ収差、非点収差、色収差や色かぶり現象などなど、レンズに依って悩ましい写真が撮れてしまうことがあります。
撮影用のレンズを選ぶ時は、こうした写真のトラブルを軽減するために、単純に描写力だけで選ばないようにして、レンズ面のコーティングや非球面レンズ、特殊ガラスなどを使っているのかなども吟味することが大切です。

とはいえ個人的には収差や歪曲は少々難がありますが、フレアやゴーストは表現として有効的に使えば「味のある写真」になるのも事実です。
優秀なレンズは、きちんとした写真を撮りたい人にとっては、便利で役立つレンズですが、写真は光の楽しさを味わうもの、昔の古いレンズを使って反射させまくってしまうのもアリです(笑)
正解がない!だから写真は楽しいのです。
写真は自由
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション