商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影はロケ撮影が売れる!という勘違いを見直す

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
売れるロケでの商品撮影があるって本当なのか?
さて、今回は商品撮影の世界でまことしやかに囁かれている「ロケ撮影で売上アップ!」という話題についてズバッと現実をお話します。
ロケーション撮影とは屋外や各施設などを利用して、モデル撮影をする、つまりアパレルファッション雑誌では常套手段であり、最近ではネットショップでもこうした「ロケ撮影」を多用した商品写真を掲載している所も多くなった・・ですが、本当にファッション誌のような撮影を敢行して費用対効果があるのか?じっくり検討して頂きたい。

サイト制作のために撮影業者に頼んだら

まずは過去の経験と「今感じること」を先にご紹介します。
私自身、10数年前までは「サイトディレクション業務」を行っていました。
現在も行っていますが、当時は撮影というのは外注任せでしたので、ネットショップ事業者の方と立場は近い関係でした。
とあるショップサイト制作のために、外注撮影としてロケ撮影の見積りを依頼しました。
デザイン構成と物販用に必要な素材を揃えるための仕様です。その概算はこういった感じです。

ロケ撮影の費用の明細サンプル
いかがでしょう?
ちょっと驚く撮影合計金額になっていますでしょうか?これでも基本ラインとのことです。
当時の私は、この金額を見て「高いですよ!、これではクライントはOK出さないですよ!!」と撮影業者に言っていました。
で、今現在、撮影業務を行っていて、改めてこの金額を見ると・・「こんなものかな」と納得してしまう自分がいます(笑)

ロケ撮影で必要なことをチェック

なぜ考え方が変わったのか?
1項目ごとに簡単に説明していきます。
A:カメラマン出張費用は1日現場を駆けまわることを考えれば妥当な料金です。
B:ディレクション費用という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、お客様とのカットイメージの打ち合わせをはじめ、撮影場所への許可取り、ロケハン(下見)などロケ撮影では最も重要な項目で手間がかかる部分・・3万円・・納得できる価格。
C:モデル費用は事務所から人材を派遣してもらっての費用で、今の弊社のように自社モデルの場合は価格の見直しはできますが、当時は派遣でしたのでこれまた妥当な料金です。
D:写真料金ですが、カメラマン出張費用に含まれないのか?と感じるかもしれませんが、要はABは基本料金だったと今は理解できます。
カット単位で算出されているのは「着用数」ではないため、例えば1着目はカフェの店内で、2着目はテラス席でとなるとセッティングも変化するためカットで決める方が算出しやすく、1シーン何カット撮るかは流動的なのでここは指標としては無難です。
EF:車両レンタルと燃料費・・「こんなのロケ先(店内)で何とかすればいいじゃん!」と意見が出そうですが、よく考えてみましょう。
モデルの着替えスペース、コーディネート商品群の置き場、機材(スタッフ)搬送などを考えると必要です。
例えば着替え場所を「化粧室」にしたとして、撮影する場所と化粧室の距離が離れていたとしたら、それだけ時間のロスなので、コンパクトに立ち回るのは鉄則です。そもそも化粧室などの公共の場を撮影専用スペースとして提供してくれるロケ先はめったにありません。
また、この項目(車両レンタル)にはヘアメイクさんの作業場としても活用できるため、きちんとしたヘアメイクさんは想像以上に荷物があることも忘れてはいけません。
H:施設利用料金は場所によって様々ですが、大事なことは「どんな場所でも撮影許可を必ず取ることです」よくある安価なロケ撮影では「公園だから大丈夫」とかカメラマンとモデル2名で分からないように「無許可ゲリラ作戦」みたいなことをやっているようですが、絶対に禁止です!訴えられたら100%負けますよ(笑)
本来、そうした撮影プランを組むこと自体に疑問が湧きます。
最終的に損害を被るのは「依頼主(クライアント)」であることを理解するべきです。

ロケ撮影で商品は売れるのか?

きっと商品撮影サービスを行っている業者は「ロケ撮影でイメージアップが図られて、売上は向上する」と謳いたいでしょう!
しかし、現実的に考えた場合「きちんとしたロケ撮影を敢行しない限り意味は無い」これが経験からお伝えできることです。
要は、ネットショップ自体の現在に「アクセス数はあるのか?」という事の方が最優先されるべきです。
1日で100人程度しか訪問客がいないのに、「ロケ撮影したから訪問客が増える」なんて理屈が通るなら、どこのショップも手を出すでしょう。
まずは訪問客という分母を増やすこと、その後は訪問数に対する購買率を上げていくことの手段として「ロケ撮影」があります。
こうした条件やプロセスを経ていれば「ロケ撮影で売上は上がる」という法則は実現できるでしょう。

「写真で訪問客が増える」のではなく、「訪問客の購買率を上げる」目的であると考えて商品撮影サービスと向き合っていく方が賢明です。
なぜ訪問客が増えないか??は、もしかしたら、もっと根本的な所に原因があるかもしれません。
ロケ撮影などは勘違いして利用すべきではなく、費用対効果を考えるなら、現状を打開する秘密兵器ではないことを理解するべきです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション