商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ストロボ1灯の撮影パターン

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ストロボ1灯の撮影パターン
商品撮影を行う際に、ストロボ撮影をする機会のある方は「何個ストロボって使えばいいの?」と迷う人もいるかもしれません。
写真スタジオをレンタルするのであれば、常駐しているスタッフに撮りたい写真の資料を見せれば、ある程度の必要機材と配置などをレクチャーしてくれると思いますが、自社内で撮影する場合は判断しづらいと思います。
今回は、スタジオ撮影で困ったときに覚えておいて欲しい基本的な考え方をご説明します。

光は1つという考え方でスタートする

ストロボ撮影の失敗例でよくあるのが、「何個もストロボを使って、それぞれの照明の役割が分からなくなるパターン」、未計画のままレンタルスタジオなどの現場に入り、テンパるパターン(笑)、たまに一般の方の人物撮影を見ると「仏様のように後光がさしている写真」があったりして、それはそれで面白い写真ですが、撮影者本人に尋ねると「たくさん光を使いたかった」とのこと・・
確かに写真は光を描くものではありますが、光が主役ではなく、「被写体をどのように照らすか?」の方が重要です。

以前にも少し触れたかもしれませんが「太陽は1つ」という考え方。
プロの方でも呪文のように唱えていることもあるようですが、ライティングを精査するには非常に良い言葉です。
この言葉の意味するところは「メインになる光を決める」ということです。
1つの光が決まれば、あとの光はすべて補佐役です。
くれぐれも複数ストロボを配置した時は、それぞれがスター選手にならないように注意しましょう(笑)

ストロボ1灯でできる撮影

ではストロボ光源が1つでも商品撮影は成立するのか?
次の写真をご覧ください。

ストロボ1灯での撮影例
この写真は「ストロボ1灯で撮影した写真」です。
モデルから見て右側に1灯を使っただけですが、クドい写真にはなっていないはずです。
ですが、これはあくまでも人物が主役の場合の撮影で、アングル的にも「腰上」ですが、商品撮影を想定すると全身撮影も行いたいところでしょう。
この写真をぐっと全身まで引くと、右側に円状の「光の強い部分」が現れます。
つまり「1灯で照射できる光の範囲」に気を付けなくてはなりません。

例えば服の商品写真として見た場合、NGではありませんが、もう少しモデルから見た左側のグレー調の部分の明るさを上げて均一な光で爽やかにしてもいいでしょう。
で、ここでストロボをもう1つ・・・ではなく「レフ板で光を起こします」
多分ここら辺の考え方が一般の方と違うのかもしれません。

どうしても明るくしようとした時に、「光源を足す」という考えに走りがちですが、個人的には「起こす」という考えが先行します。
ナゼそう考えるのか?答えは「太陽は1つ」ですから、極力不自然な光源は足したくないのです。

しかし、レフでは十分に明るさ調整ができない場合があります。
その時は、「メイン光源自体の配置」を見直します。
モデルにあたっている角度や距離、または光源自体に何らかの細工(紗幕など)をして、均一に光を回す方法を探ります。
太陽を目指すならストロボ自体を天井に向けて「上から降り注ぐ光」にしても良いかもしれません。

あっ、ここまで止めておきます・・
この手のライティングの話題になると長文度合いがハンパ無くなってしまいますので。。(笑)

今回の話題のキモは、ストロボ1灯での撮影パターンでも、何通りものアプローチ方法があるので、灯数が増えればそれだけ難しくなるということです。
個人的な経験ですが、こうした撮影をはじめた当時は、ストロボが1灯から2灯に増えただけで頭の中はパニックでしたw
「何を照らし、何を消すか」こうしたストロボライティングは「引き算をする勇気」も大切です。

でも・・商品撮影スタジオを選ぶ時は5灯程度は普通にいくつかパターン組みできる所の方がベターですよ♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション