商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影写真は高画素だからといって綺麗ではない

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
写真は高画素だからといって綺麗ではない
秋になってカメラメーカーのみならず、家電関係の新製品の発表も盛んになってくるこの時期、「デジタル一眼レフカメラ」の購入を考えている人にちょっとしたデジタル写真(カメラ)のカラクリをご案内します。

カメラメーカーのCMなどを見ていると「有効画素数○○○○万画素!」と謳ってあると、高性能なカメラを求める消費者は少しでも「数値の高いもの」を探していくと思います。
「高性能」という点では間違いはありませんが、「高画素=綺麗な写真が撮れる」という結びつけには注意が必要です。

デジタルカメラを選ぶときに、まず考えておくべき点は以下です。
1:印刷用として納品(使用)する際にどのくらいのサイズで出力する予定があるか?
2:撮像素子(センサーサイズ)は何が合っているか?
3:重量や握った感覚はどうか?

以上の3点のみです(笑)

では実際にカメラカタログ上での判断を想定して順番に当てはめていきます。
1)の印刷用途でのサイズがA3程度で十分ならば、1000万画素以上あればOKなのでほとんどの機種がストライクゾーンに入ります。
そして、2)のフルサイズなのかAPS-Cなのか?これは持っているレンズ状況によって判断すれば良い。
最後に重量などですが、頻繁に使うカメラは経験上、というよりも使用している環境が常に持ったり置いたりの連続なので、「デカイのは疲れるだけ」というのが私の見解です。

カメラをよく知っているほど「有効画素数ほど当てにならないものはない」ということは周知の事実(笑)
悪い言い方をしてしまえば、知識の少ない消費者がカメラを選ぶ時の判断基準として「分かりやすい数字」を示しているようにも思えます。
それが本当かどうかは個々の判断にお任せしますが、まずはNikonのサイトを御覧ください。
少し理解ができると思います。

「一眼レフカメラ製品一覧」のページでズラッとカメラが並んでいます。
2015年9月現在では左上にある「D4S」が、いわゆる高級機です。
その有効画素数は「1623万画素」となっています。

対して、入門機として知られる「D3300」の有効画素数は「2416万画素」・・・あれ?入門機の方がハイスペックなの!?
と、困惑すると思います(笑)

有効画素数の矛盾については今回は長くなってしまうので、別の機会に記事にしますが、要は有効画素数は数値だけでは判断できないということです。
「綺麗な写真として再現するために必要な要素」は「撮像素子とレンズ」です。

あえて「再現するために・・」と書いたのは、あくまでも条件であるだけです。
例えば「撮像素子とレンズ」だけを見て機種を選んだとしても、本体の重量や握った感じが自分に合うかどうか?、そして何より価格が高くなることになる。

単に綺麗な描写を求めることとと、第三者が見て綺麗な写真に仕上がっていることとは違います。
重い高級機を持って、腕が痛くなってあとちょっと頑張れば違うカットが撮れるのに、カメラの重さに負けて1枚を諦める・・
これでは本末転倒です!
単純にカメラを軽くすれば、その先の1枚を撮れたかもしれませんよね(笑)

こうした事例を考えるとカメラ選びとは、目的とバランスの問題になってくることは理解して頂けるでしょう。
スマホも最近は有効解像度が高いことをPRしていますが、SNSなどのネット使用であれば1200万画素など全く無意味で、100万画素あれば必要条件は満たされるでしょう。
単純なカタログ上の有効画素の数値を見て「今度のスマホはカメラがいいらしいよ!」というのは滑稽でもあり、数値を信じて料理を撮ると「飯マズ写真」になってしまうのです(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション