商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影写真の背景がボケない5つの理由

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影写真の背景がボケない理由
思い通りに「ボケのある写真」が撮れない・・
ネット上の情報を元に「ボケ感のある写真を撮るためにレンズも買った!」なのにどうして上手くいかないの?
ボケ感のある写真を撮りたいと願う人にとって、デジタル一眼レフカメラを触っていて背景のボケ具合に疑問や不満を抱くケースは多く、最悪の場合、意味もなく高価なレンズを買ってしまったりすることもあるようです。

今回はデジタル一眼レフカメラの撮影で、「背景がボケない5つの理由」と題して、もう1度、写真の基本的なことをおさらいしていきます。
納得いくボケ感が得られないと感じている人は、当てはまる要素がないか確認してみてくださいね。

Check1:レンズの焦点距離を疑ってみる

ボケのある写真とレンズの関係というのは、誰でもご存知かと思いますが、「レンズの焦点距離」について考えたことはありますか?
一般的に「広角レンズ」は焦点距離が短く被写界深度は深い(遠くまでピントが合う)、「望遠レンズ」は焦点距離が長く、被写界深度は浅い
ということを理解しておくと良いでしょう。
よく勘違いされるのが、「広角レンズ」は「単焦点レンズ(よくボケるとされるレンズ)」と形状が似ているので、混同しがちです。
キットレンズの望遠レンズから広角レンズを追加したのに「ボケない」と嘆くのはこのパターンが多いです(笑)

Check2:絞りをオートにしていないか?

初心者の方にありがちなのは、カメラ設定が「オート」になっているパターン。
オート設定ではカメラが「絞り」&「シャッタースピード」を決めてしまうので、狙ったボケ感の写真になることはありません。
マニュアルまたは「絞り優先」モードで絞り(F値)を設定しましょう。
ボケ感を味わうには必ず「絞り開放(F値をできるだけ小さく)」します。
F1.4などの明るくボケるレンズを使っていてもF16などに絞ってしまっては意味がありませんよ。

Check3:被写体との距離を考える

check1で「広角レンズ」は被写界深度は深くてボケにくいと書きましたが、広角レンズでもボケ感のある写真は撮れます。
条件として、「被写体とカメラの距離、それにプラス被写体と背景の距離」が絶妙なら「ナイスなボケ味」が演出できます。
例えば、テーブル上で小物撮影をしていて、小物と背景との距離が近く、撮影者が離れて撮っている場合、広角レンズ特有の「被写界深度」の影響を受けてしまい、期待通りのボケ感が出ないことがあります。
まずは、「被写体にピントが合うギリギリまでグッと近寄る」ことを覚えましょう。

Check4:背景との距離を考える

check3同様、距離に関してですが、撮影者がグッと被写体に近寄る・・しかし、被写体と背景との距離が近過ぎる場合はアウトです。
ポートレートでよく見かける「お花畑で人物撮影」のような、あるあるパターン、人物もクッキリだけど花もクッキリ写ってしまって「うるさい写真」になる例です。
ボケ感を得るには「被写体から近いものより遠くにあるものを背景にする!」これだけでボケ感のある写真は相当変わります。

Check5:撮像素子を見直す

最終チェックポイントは、「撮像素子(センサーサイズ)」の問題です。
「それを言ったらおしまいでしょ!」と突っ込まれそうですが、持っているカメラの撮像素子によってボケ感が変わることは否定できません。
とはいえ、「撮像素子が小さいからボケない」ということではなく「ボケ具合の大きさ」に違いがでるだけですのでご安心を。
コンパクトデジカメなどのセンサーサイズが小さいカメラを使っていて、自分の欲しいボケ具合にならない場合は、「撮像素子の大きいカメラに変更」するの1つの方法です。

撮りたい写真と機材選びは「今持っている機材で不可能なのか?」を再考することは大事で、意外と写真の基礎的なことを機械のせいにしているパターンも多いので、気になった方は写真のイロハをおさらいしてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション