商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ミラーレスカメラとファインダーの違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ミラーレスカメラのファインダー構造
ミラーレスカメラ・・というと言葉通り「鏡がないカメラ」ですが、一体ゴッツい一眼レフカメラと何が違うのか?

用語的に説明してしまうとミラーレスカメラは「電子式ファインダー」で一眼レフカメラは「光学式ファインダー」になります。
ではこの光学式と電子式のカメラの内部構造はどのようになっているのでしょうか?
簡単な概要をイラストにしてみましたのでご確認下さい。

ファインダー構造の違い
まずは「一眼レフカメ=光学式ファインダー」ですが、レンズを通した光がミラーに反射し、プリズムを経由して被写体が目に届きます。
「プリズム」とはミラーで反射したものを正規の向きに整える部位です。
これがないと反射した絵が逆さまになって届くので見にくいです(笑)
光学式の場合はファインダーを覗いている間はミラーに跳ね返った絵を確認して、シャッターを切った瞬間ミラーが跳ね上がり、撮像素子に画像情報を伝える仕組みになっています。

対して「ミラーレスカメラ=電子式ファインダー」の場合は、レンズから入った情報を背面の液晶モニターに伝えることでモニターを確認しながらシャッターが切れるのです。
もちろん日中の光の強い状況で、背面モニターが見づらい場合は「液晶ファインダー(EVF)」を覗けば、通常の一眼レフのように撮影が可能という優れ物です。
しかし、一眼レフカメラのようにアナログ的に絵を見るのではなく、電子信号ですので「液晶ビューファインダー」を覗いて正確な色を確認できるかと言えば期待してはいけません。
(現状は安い液晶テレビを見てるような感じw)

構造的な部分で昭和な言い回しをすると、ミラーレスカメラは「全部電子化されたカメラ」と呼べますが、デメリットもあります。
カメラ好きの人が「ファインダーを覗け!」と力説するのは、一眼レフカメラの場合、ファインダーを覗くことで視線と被写体が一体化するために撮影に集中できて、動きの激しい被写体を追うことができるという点を強調したいのだと思います。(背面液晶モニターを見ながらの撮影は視線が直線的になりづらい)
細かく言えばオートフォーカスの追従性など比較すれば切りがありませんが・・

ではミラーレスカメラは一眼レフより劣るのか?
全くそんなことはありません。
使用用途によっては、背面液晶モニターを見ながらの方が綺麗に撮れるシーンは多くあります。
一般の人が「動きの激しい被写体」を撮るシーンに遭遇することはそうはありません。
例えば観光や料理写真などのスナップ写真であれ、大きな背面モニターで構図を決めてしっかり撮れますのでメリットは大きい。
ミラーレスカメラは構造上、コンパクトな設計なので「高画質で持ち運びがラクチン」という点では女性の指示も多い。

ではプロが使うとなるとどちらが良い?という飛躍した質問がネット上ではあるようですが、
正直、そんな事考えてるプロカメラマンはアウトでしょう(笑)
カメラなどの撮影機材はシーンに合わせてチョイスするだけの話で、「何で撮るか?」ではなく「何がベストか?」を考えるだけです。
初めて写真撮影をするモデルさんや素人さんにはミラーレスやコンデジなどの小さなカメラで緊張を助長させないような配慮をしたりします。

画質を最重要視するケースを除けば、「雰囲気を切り取る」ことができるカメラが最適な機材だと思います。
ちょっとした構造を知るだけで、撮り方や目的に合ったカメラが見つかりますので写真の世界は楽しいですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション