商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. バナー用の写真素材の活用術の例

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
バナー用の写真素材の活用術
商品撮影された写真を個別ページ以外に、バナー広告用の素材に活用されているショップも多いと思います。
しかし、この写真素材の活用方法1つで消費者に与える印象が変わることをご存知でしょうか?
今回はよくあるカテゴリーページの上部にバナー画像を置く際の写真素材の活用術について例を挙げながらご説明します。

まず、バナー素材と商品説明用の写真素材との違いについてですが、撮影の段階では同じ「全体像を写した写真」であることを条件とします。
元になる画像は下のブレスレットの写真をとなります。

元画像
スタジオ撮影を依頼した時は「商品用として」納品されたカットで、バナー素材に流用していきます。
定番の使い方としては、「画像サイズを縮小してキャッチコピーを加える」ことになります。
早速、定番のバナー素材用に加工した例を見てみましょう。

全体を縮小したパターン
いかがでしょうか?
良くも悪くも落ち着いた印象にはなりました。
ここで少し考えます。
元画像は「商品説明用に撮られたカット」ですが、今回の使用目的は「ブレスレットページのトップ画像」です。

となるとイメージを先行して「消費者の目を惹く商品ポイントを強調した方が良いのでは?」と考えられます。
商品をよく見てみると特徴となるのは「カゴと星のチャーム部分」これを上手く使ってレイアウトしてみましょう。
次の画像は、特徴となる部分だけをクローズアップした画像の使用例です。

特徴を活かしたパターン
これだけで印象が変わると思います。
どちらが良いということではありませんが、前者は「単純に縮小して置いたもの」、後者は「イメージを重視したもの」との違いです。

例えばこの画像をスマホから見ているユーザーがいたとします。
当然、スマホの表示画像サイズはPCと比べると狭くなりますので、前者はディテール部分は認識しづらくなります。
対してパーツを強調した方はクローズアップした分、パッと見た時に目を惹く可能性は高くなります。

バナー素材というのは「見た目のバランス」も大事ですが、「目線を誘導する」ことも想定しておくべきです。
言い方によっては「バナー広告」という言葉があるようにPRできるようにレイアウトしましょう。

こうした特徴部分を捉えるという作業は、商品撮影を自身で行う際にも無意識に身につく写真術にも繋がります。
例えば今まで漠然と全体像を撮影している状態から「どのアングルで、どの部分を見せる構図が伝わりやすいか?」など
伝えようとする意識が芽生えることでしょう。

写真撮影とデザインというのは「感性」という点で非常に似ている部分があります。
要は商品ページやバナー画像を制作している時は、自然と撮影の核心をついた共通項に携わっているとも言えるでしょう。
伝えるということを意識するだけで、消費者に対してショップの姿勢を感じさせることができるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション