商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト
ネットショップを開店して自社で商品撮影を行ってみようと考える担当者も多いと思います。
しかし、いざ自分でカメラ知識と撮影までの基本テクニックを学ぼうと「ゼロからやるぞ!」と思っても、撮影に至るまでの基本的なことを学習する時間が無い場合もあります。

個人的な見解としては「商品撮影は回数をこなすことで向上する!」という持論があるため、撮影文献を読むよりも実践あるのみ!というのが本音です。
しかし、全くカメラを触ったことのない初心者の方が「単純に撮る」といっても必ずギブアップしてしまいます。
こうした状況になる原因は「基本的な知識不足」に依るものが多いため「何を知って撮影に取り組むか?」で状況は打開できます。

今回はそうした「商品撮影をはじめる前に知っておくべき項目」を読みやすく且つ短時間で把握できる5つの基本サイトをご紹介しますので、まずはカメラや撮影の根本的な部分を読み込んで頂き、撮影業務に活かしていただければ思います。
物撮りというのは、自社で行うことができれば商品公開のスピードアップに役立てることもできますし、外注に依頼する際の「スタジオレベル」を判断する材料にもなります。

その1:カメラの基礎知識


カメラの基本機能と設定を知る

デジタル一眼レフカメラを初めて購入した人が戸惑うのは「設定項目の多さ」だと思います。
最初は「フルオート(全自動)でいいや!」とカメラ任せにしていても、撮り続ければ必ず次のステップにいきたいと感じるはずです。
メーカーによって名称は多少変化するかもしれませんが、基本的な構造や設定項目は同じです。
カメラに表示されているマークや役割など取扱説明書では文字数が多くて読む気にならない・・という方にもオススメできるよう整理されたページ内容となっていますので、是非ここからスタートしてみてください。

その2:シーに合わせた写真講座
引用元:Panasonic

写真講座 きほん


シーンに合わせた基本的なカメラ撮影

カメラの構造を学習したら、次はいよいよ撮影に入ります。
しかし、撮影する対象やシーン、撮りたいイメージというのは人それぞれです。
Panasonicの写真講座では、初めて撮影するときに「こうしたい!」という誰でも思う項目を分類分けして説明されています。
例えば「背景をぼかすには?」とか「暗い事務所で明るく撮るには?」など、初歩的な撮影の壁を乗り越えるには有効な情報です。
番外編としてスナップ撮影にも参考になる部分もございますので、このサイトで撮りたいイメージを膨らまして下さい。

その3:レフ板を使った撮影


撮影には欠かせないレフ板の意味と効果を知る

レフ板を使うというと、本当に使って効果があるのか?と感じる人もいるかもしれませんが、商品撮影においてレフ板効果は光を操る最重要グッズです。
個人的な見解ですが「レフ板が無い商品撮影なんて非常に稀なケース」とも感じます。
撮影ジャンルを問わず使用される機材としてのレフ板効果、何となくわかっているようで詳しく掘り下げるページは少ないと思います。
商品の大きさや撮りたい光の質感などを考えながら最適なレフ板を探す手助けになるページです。

その4:撮影に使われるストロボ光源


ストロボ機材を使用しての撮影知識

商品撮影を日中、太陽光を利用したり蛍光灯を使用する。
雑貨などの物撮りではある程度の条件が揃えばこうした光源でも対応はできますが、日照時間や撮影対象の大きさの制限なく「光をコントロール」したいとなると、やはりストロボ光源は必須となります。
しかし、単純にストロボといっても値段や目的によって種類も様々です。
自社の撮影の場合に最適なストロボは何か?
ストロボ光源の特徴や種類についての理解を深め、本格的な撮影にチャレンジしましょう!

その5:露出計と撮影の関係
引用元:SEKONIC

露出計の使い方


デジタル時代でも露出計は撮影の強力なツール

最も写真撮影で購入をためらってしまう露出計という撮影サポート機材ですが、多くの理由は「カメラで撮りながら明るさの調整はできる」という点でしょう。
現在のデジタル一眼レフには確かに「カメラ内臓の露出計」はございますが、単体の露出計と機能は大きく異なります。
例えば、カメラを使わず複数の方向から入ってくる「光の強さ(数値)を正確に測る」には単体の露出計が非常に重宝します。
屋内の太陽光で撮っていてお昼と夕方での「光の強さの違いを把握すること」は「適正露出」を得るためにはまず計測ありきです。
絞りやシャッタースピードなど露出の決め方が分からないという人は是非導入して頂きたい機材の1つです。
写真の光を数字で理解する、この重要性がわかってくると写真撮影はさらに楽しくなるはずです。


以上が、「商品撮影の担当者がまず読んでおくべき5つの基本サイト」のご紹介です。
カメラや撮影に対しての知識や理解は、撮影時につまづいた所をフォローしながら学習することも大切ですが、まずは「撮影とは何か?」という一連の基礎知識を知らなければ「やるべきこと」は見えてこないものです。
これから自社で商品撮影にチャレンジする人に少しでも参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション