商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. シグマのF2.8通しレンズで撮影テスト

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
シグマのレンズで撮影テスト
デジタル一眼レフカメラの交換レンズ、もちろんメーカー純正のレンズというのが相性から言うとベストな選択ですが、狙っているレンズによってはかなり高額になっていきます。
カメラを始めた頃の実体験として、高価な純正レンズには手が出せず同じような機能を持つ「純正の廉価版レンズ」をいくつも揃えてしまったことがあります。
結果どうなったかといえば「あまりレンズ交換で変化を感じることができない」というお粗末な状態になります。

最近ではレンズにも恵まれてると感じますが、一般の方の場合、すぐにハイスペックなレンズを購入するには躊躇してしまうでしょう。
そこで今回は、サードパーティ製のレンズの「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」を使ってストロボ撮影をしてみました。
既に弊社の公開した写真で閲覧頂いた方もいるとお思いますが、この写真はニコンDXフォーマットにSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを装着して撮影したものです。

撮影サンプル
シグマのレンズとというと、「色ノリにクセがある」という評価も多いですが、撮ってみた印象は「寒色が強い傾向」があるかなといった感じです。
特徴があるレンズは特徴に合わせて照明を当てると、スキっとした印象の仕上がりになるような・・
では商品撮影に使うレンズとしてこのSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはどうなのか?
結論としては「お好きなように(笑)」という感じです。

基本的に私の場合、ニコンならニッコールレンズとの組み合わせで納品する写真は撮っています。
理由としては、「色合いの微妙な再現」を優先したいからです。
ですので今回ニコンのボディにシグマのレンズなので「多少の違和感」は想定内です。
もしかしたらシグマのカメラボディに同じレンズを装着したら、結果は変わることは明白でしょう。

こうしたサードパーティ製のレンズの評価というのは単純に「レンズ相性を無視して良し悪しを決めるのはどうなのかな?」と感じます。
例えるなら「高音質がウリのハイレゾ音源を1000円のスピーカーで視聴して評価するのと似てるような・・」
少し話が逸れましたが「レンズは使用カメラのボディとの相性」さらに言えば「カメラ側の設定値や撮影環境」によっても写真の仕上がりは変わります。

レンズ購入前に他の人が撮った写真サンプルを参考にしても意味は無い。
サンプル写真と同じ場所や時間帯+同じカメラで設定値も合わせて撮ることはないのです(笑)
「どれくらいの明るさで何ミリのレンズが欲しいのか?」そこだけは自分で決めて、あとは自分が所有するカメラとの組み合わで仕上がりを理想に近づける設定値を見つける。
これも写真撮影の楽しみでもあります。

高価なレンズと安価なレンズ、内容的には決定的に描写の違いはありますが、どんなレンズでも使い込めば愛着は湧くものです。
今回のサンプル写真を見て「シグマのレンズ良いかも?」と感じた人は、すぐにレンズ購入はせずにちょっと立ち止まって考えてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション