商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. サイト制作とiMac Retina 5Kとの相性は?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
サイト制作とiMac Retina 5Kとの相性
写真編集とiMac Retina 5Kについての相性に関しては、以前の記事で触れさせて頂いた通リバツグンです。
ではネットショップなどのサイト制作においてiMac Retina 5Kでの作業はいかがなものか?
導入して2ヶ月程度となるので、参考程度に書き留めておきます。

まず私の場合サイト制作で頻繁に使うソフトとしては、アドビのフォトショップ+イラストレーターで画像関係を仕上げて、最終的にテキストエディタでCSSを手打ちしています。
Dreamweaverとかは、サイト制作は初めから「メモ帳」で作ってきた世代なので、特に必要としていません・・慣れてしまって(笑)

こんな感じでメインとなる作業用のソフトですが、映像や音声をいじる時は「アドビ製品」は使ってません。
といのもプレミアでフルハイビジョンの映像データにエフェクトを少し重めにかけると、「ちょっとしたタイムラグ」が生じたからです。
iMac Retina 5Kのスペック的には「全部盛り」の状態なので、ソフトとの相性のようです。
ちなみに「ファイナルカット」の場合は、こうした遅延は全く感じません。(さすがアップル純正w)
プレミアの遅延といってもスピード重視の作業環境ですので、一般のちょこっと編集では問題ないかと思います。

で、実際の作業の感覚ですが、フィトショとイラレ程度でしたら全くストレスはありません。
フィトショで編集画面5つ、イラレで編集画面6つ程度が常に開きっぱなしですが、ファンすら動かない状態で余裕があり過ぎます(笑)

気になるのは5Kの解像度での作業、画面サイズは2880 x 1620ピクセルがお勧めです。
72dpiのウェブ横幅サイズ1200px程度を行うには充分過ぎる領域を確保できますので、縦長のページレイアウトでも効率は上がります。
但し5120×2880ピクセルの画面表示もできますが、実用的ではありません。

今までサイト制作で画像編集をする際にパスを切ったりする時は、何かと拡大を使っていましたが、今はショートカットをクリックする機会が激減しました。
2880 x 1620ピクセルの画面サイズでも、1画面全体が見渡せている事と、ピンポイントの画像編集では見やすい状態が200%~300%ですので、すぐ狙った作業ができます。

総じてサイト制作程度の作業ならiMac Retina 5Kで不自由に感じることは皆無となります。
ただ笑ってしまったのは、youtubeなどのフルハイビジョン映像を全画面で見ようと思うと「モザイク状態」です。
これはご愛嬌ということで4K映像が盛んになるのを待ちましょうw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション