商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影で適正な色温度を取得する方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影には色温度が大事
このカテゴリーで「ホワイトバランスは撮影にとって重要です」と記載しましたが、今回は色温度(WB)を曖昧にして撮影するとどのような色の変化が出てくるのかを見ていきます。
商品撮影において、「適正な色(見たままの色再現)」というのは前提としてあり、写真撮影を始めた人が一番迷走する部分が「ホワイトバランス(色温度)」です。
理由としてはカメラ設定でオートもしくは標準で入っている「シーン選択」で撮り進めてしまって、後でPC上で調整しようと思ってもリアルタイムで見ていた色の再現ができない(思い出せない)状態になってしまいます。

先述したカラーチェックツールを利用するのも良いですが、面倒だ&値段が高い!という人には2000円程度で購入できるグレーカードをオススメします。
作業は簡単でカメラのホワイトバランス設定でプリセットを選び、撮影箇所でグレーカードをパシャと撮影するだけです。

ホワイトバランスと聞くと「色の白いものを写せばOK!」と考える人もいますが、微妙に言葉の意味が違います。
「光が当たっている環境で写っている白を正しく白とする設定」がホワイトバランスでカメラに認識させるのは18%グレーがホワイトだと考えて下さい。
なぜ18%グレーを写すのかを論じると長くなるので割愛させて頂きます(笑)

早速、18%グレーで色温度を設定した画像と暖色・寒色になってしまった写真の違いを見てみましょう。
色温度の違いサンプル写真
1番左側は適正の色温度ですが、右側の2枚は基準色から比べると大きく色が変わってしまっています。
色温度がおかしい状態でパソコンで補正処理で各所を触っていくと、基準色が何だが分からなくなり迷走する結果になりますので、デジタルカメラで撮影をする時は必ずホワイトバランス(色温度)を取って基準色を決めておくべきです。
「RAW現像だから後からどうにでもなる!」という記事を多く見ますが、その場しのぎの対応ではなく、キチンとした色を把握するクセをつけることが上達する近道です。

また18%グレーを使ってもカメラ機種やカメラ側が色彩良く写そうとする機能などは、極端な脚色を招く場合もあるので、個々のカメラのクセを把握することも大事です。
そうしたカメラ側のクセが分からない場合は「ノーマル」・「スタンダード」などの設定でしばらく撮ってみる(詳しくは個々の取扱説明書を参考に)

万が一撮影環境(光の当たり方や量)が変化する場合は、18%グレーのカードを被写体と共に撮っておくと、後からPhotoshopのスポイトツールなどを使って適正温度を抽出することもできます。

18%グレーカード
購入は「銀一グレーカード」で検索すると出てきますよ。

見たままの色を再現するには基準色(現場の色)をしっかり把握することで、脚色加工などの質感も随分変わります。
そのまま出す場合も、加工する場合も商品撮影で大事なことは色温度と覚えておきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション