商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 出張撮影で写真にゴミがっ!さてどうする!?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
イメージセンサーのゴミの除去
写真撮影をしていて、仕上がった画像を見た時に「ゴミ発見!」なんてことはよくある話で、機材のメンテナンスは撮影前に必ずしましょう!
というのは誰でも分かる予防策ですが、撮影中にイメージセンサー上にゴミの混入を発見してしまうとテンション下がりますよね(笑)

付着して時間が経っていないただのホコリ程度であれば、ブロアーでなんとかなることもありますが、意外としつこいホコリってあります。
出張先でこうしたゴミやホコリを見つけてしまうと対処できなかったりして、後で加工ソフトでゴミ消し・・大量に撮影してたりすると意外と厄介です。
こうした突発的なゴミや埃の混入時の簡単な対処方法を今回はご紹介します。

まず写真を撮った時の写ってしまうゴミ・・果たしてレンズなのかイメージセンサーなのか?
ゴミの出処を探しましょう!

最初にやって頂きたいのは「レンズを変えてみる」ことです。
ゴミが写り込むとすぐにカメラ内部への混入を疑ってしまいがちですが、レンズの後面、つまりカメラにガチャとはまっている側のレンズ面にゴミが付いていることもあるので、とにかく「レンズを変える」そしてもう1度テスト撮影してみましょう。

それでもやはり「ゴミがある」と判断できれば、次にカメラ機能の「イメージセンサークリーニング(ニコンの場合)」を数度実行して試します。
これで除去されしまえばハッピーですが、まだゴミがある・・・いよいよイメージセンサーを見ていきます。

ミラーレス以外の場合は、イメージセンサーが露出する設定がありますので、まずはカメラボディのレンズ差し込み口を下にして露出させます。
そして軽くブロアーで吹いてみましょう。
一旦、レンズを戻してテスト撮影します。・・・でもゴミがある・・(汗

そうしたら、今度はカメラ、レンズのオートフォーカス設定を「マニュアル」にして「絞り優先モード」にします。
F値は22で固定してA4程度の真っ白い紙を画面全体に広がるようにしてシャッターを切ります。
この時ピントは合わせなくてもOK、シャッターが切れれば大丈夫です。

センサーのゴミと確認方法
さて撮影した画像を見てみると、ゴミを確認できると思います。
この画像を参考にイメージセンサーにブロアーを吹くわけですが、写っているゴミの場所がイメージセンサーのどこの位置にあるかを確認してピンポイントでブロアーを吹くようにしましょう。
出張先や屋外でこの作業を行う時は、極力無駄にブロアーを吹いて余計なゴミや埃を拾ってしまわないようにするためです。
もちろんカメラのレンズ差し込み口は下向きですよ!!

時間が経過して付着したゴミは厳しいですが、撮影中に急に現れたゴミであれば、この工程である程度は除去できます。
しかし、これでも除去できない場合は、指でセンサーを・・・そんなことは厳禁です(笑)

予防策となってしまいますが、ペンタックスから発売されているイメージセンサークリーニングキットというものがあります。


先端が粘着質になっていてペタッとゴミが引っ付きます。
ペンタックスだけにペンタっと付きます(笑)
冗談はさておき、かさばるものでもございませんので、撮影の時は持っていると安心です。

くれぐれもこれは自己責任の応急処置です。
定期的にメーカーに持っていけば安価に綺麗にイメージセンサーは掃除してくれるので、メンテナンスは忘れないようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション