商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. モデル撮影する着用カラーは事前に確認しておく

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影カラーの選び方
アパレル向けの商品撮影のみならず、販売する商品には「カラーバリエーション」がある!ほとんどそうですねw
いざ、モデルでの撮影を依頼した時「着用カラーはお任せ」・・・というのは少し戦略的ではありません。
ま、お任せと言っても定期的に取引があるショップ様の場合は、「似た型でモデル着用色が重複しない」ように配慮しますが、よくあるケースがネットショップを立ち上げたばかりで、定番カラー(白、黒)しかサンプルが無い状態で依頼するお客様。

このブログでも「撮影前にネットショップの構成(デザイン)は、予め決めておく方が良い」と書いていますが、なぜモデルによる商品撮影を依頼する前に着用カラーを決めておいた方が良いのか?
今回は写真の活用法について少し触れていきます。

まず意外と気付いていないのが、「写真に映えるカラーの存在」です。
身近な所だとテレビ番組でタレントさんが着ている衣装の色をよく観察してみてください。
普段の生活でチョイスしないカラーのジャケットなどを羽織っていることに気付くと思います。
そして素人さんがテレビに出演して、「普段着(カラー)」で画面に映ると・・何だか地味・・
これはテレビ上の見栄えの話ですが、写真にも同じような現象があり、「写真映えするカラー」はあります。

消費者が数あるネットショップの中から自社のショップを訪れた際に「映える(目を惹く)写真」がなかったら、すぐに他のショップに移動してしまうでしょう。
色が消費者に与える印象というのは非常に大事で、ネット閲覧など「秒単位で画面を変える使い方」が主流のネットメディアでは、「どう立ち止まってもらうか?」がポイントになります。
次の写真をご覧下さい。

モデル着用カラーを考える
一見すると「黒と黄色」のトップス写真ですが、想像してみてください。
黒ばかりの写真が商品一覧で並んでいる状態・・・
良く言えばモノトーンで統一ですが、消費者からみれば「型番の違いがわかりにくい」ということになります。
撮影時の着用カラーは、販売ページの見栄えに影響することを覚えておきたいものです。

また、初めて撮影を依頼する方は、いわゆる定番色でありませんが、いわゆる「売れ筋のカラー」を着用させたがりますが、正解のようで危険性もあります。
例えば商品を仕入れる際に、Aという型番がありカラーが4色あったとします。
担当者が「赤が可愛い!」と思って、モデル撮影時に「赤を着てください!」と指示したとします。

撮影後、ネットで販売してみたら「計算通リに赤ばかりが売れていく」・・何が悪いの?
と思うかもしれませんが、その他のカラーが売れ残る場合があります。

つまりモデル着用カラーは「写真に映えて、一番の売れ筋カラーではなく2番手がベター」なのかもしれません。
消費者行動から考えると、モデル着用カラーは「欲しいと感じる」傾向にあります。
予算があるショップは「全部のカラーをモデル着用」なんてこともできますが、通常はモデル着用は1色でしょう。

こうした経緯を考えると「撮影の段階で在庫がどうなるか」を想定して着用カラーは考えるべきです。
たくさんのカラーが存在する商品一覧ページは、それだけで「賑やかな印象」があります。

「売れる写真を撮る」という曖昧なキャッチコピーを信じるより、売るための戦略を立てることが今後のネットショップ担当者の責務でもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション