商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 初心者が高級カメラを手に入れるのはアリなの!?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
初心者が高級カメラを買ってもいいのか?
写真を始めたばかりの人が、いわゆる高級機のカメラやレンズを持っているとどう感じますか?

カメラ好きやマニアにとっては「オーバースペックだ!」、「最初は扱い易い方がいい」、「そんなハイスペックで何撮るの??」など悲観的な意見が出そうですが、個人的には、「何の問題もない」と感じます(笑)
予算が許すのであれば、最初に物凄く高価なカメラを買ってしまうのは、アリです♪

理由としては、今のデジタル一眼レフの解像度などを考えると、L版程度でプリント写真を楽しむのであれば、ずっと使い続けることができるでしょう。
カメラみたいな道具は、「持つ人のテンション」で選べば良いと思っているので、入門機とかプロ志向など考えずに買ってしまいましょう。
そもそも入門機とかプロ機とか決めてしまう感覚が微妙ですw

また、カメラを初めて買うと絶対に起こる衝動・・・それは「さらに良いカメラを求める病w」
こうした衝動を劇的に無くすには、初回のカメラを圧倒的に高級機にしてしまうのも予防手段かもしれません。
「一生もののカメラ」は存在しないかもしれませんが、万が一、高級カメラを手放す(売って買い換える)時でも、中級クラスのカメラ程度であれば引き換えは容易です。

機材としてのカメラを考えると、一定の金額を超えた機種というのは「撮影者を満足させる何か」は必ずあります。
もし、手堅く安価な入門機を買って「スマホ写真と変わらない・・」と凹むよりは、ガツンと描写の違いを感じることは「撮影意欲」にも繋がります。

どういう写真が撮りたいか分からない・・とか、カメラのことはよく知らない・・でも高級カメラが欲しい!理由はそれで十分です。
持ってるだけでカッコいいから買った(笑)賞賛すべきですw

こうした機材に対する考え方はそれぞれですが、個人的には「良い物買って、不要になればヤフオクで売れば何とかなるw」こんな単純回路で考えているので、その時(時代)に良いとされているカメラで撮るというのは、撮影対象となる業界的にも歓迎されることだと感じています。

カメラというのは、スペックよりも形状やシャッター音など好きになるポイントはたくさんあります。
「好きなカメラで撮る」こうすることで写真に愛情も注げることでしょう。

初心者に高級機は難しいとか考えず、・・そもそも初心者ならカメラの事自体が難しいはずですので、そこに高級カメラの多機能部分での難しいが少しプラスされる程度です。
入門機を買って、年月と共にレンズ、カメラの機種変更を繰り返していって、最終的には高級カメラを買うのであれば、トータル的なカメラライフを考えると、初めから高級カメラ購入で勝負した方がおサイフ的にも優しいかもしれませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション