商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影した写真の露出とトーンカーブの違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
露出とトーンカーブの写真の違い
商品ページを自社で制作している時に、「納められた写真をもう少し明るくしたい場合」に、「露出補正」を選択してしまうケースは多いと思います。
露出補正という言葉はよく聞くキーワードですので、「撮影された写真を明るくするには露出だ!」と思いがちですが、実際、私は商品撮影を行なった写真に対して「露出補正」をかけるケースはほぼ無いです。
というのも、撮影現場では「露出計」を使って「今使っている光量で適正な明るさを常時計測」しています。
撮影した写真を後から「露出を上げ下げするケース」は作為的に暗め、または明るめに撮影をした写真に対して微調整をするために露出補正は使います。

では画像を調整する場合、どこをいじっているかといえば「トーンカーブ」を触ります。(色補正の目的ではなく)
トーンカーブでの補正は、「露出部分の補正もできますし、露出設定ではできない箇所の調整もできます」
言葉がややこしくなってしまいましたが、付け加えると露出補正は写真全体の明暗を変えてしまうのに対して、トーンカーブは部分的に明暗を調整することができます。

では実際にどのような違いが出るのか写真を見ていきましょう。
元画像
こちらは納品したそのままの画像とします。
ちなみに右側の赤色になっている部分は白く抜くことができる範囲です。
・・これについてはまた別の機会に詳しくご説明します。

話を戻してw、次は露出補正で写真を2段階で明るくした場合の写真です。
露出補正を行なった写真
いかがでしょうか?
写真全体が明るくなっていくので、上げ過ぎると肌も髪もオフホワイトのニットも明るくなり過ぎています。
例えば消費者の方のモニター(画面の明度)設定が明るめになっていたら、ほとんど白オバケになってしまうこともあるので、露出設定を触ることは注意が必要です。

では次にトーンカーブを使った写真補正を見ていきましょう。
トーンカーブで補正を行なった写真
左側の写真は髪の色(暗部)は触らず、白色に属する部分を少し明るくしました。
右側は髪色などの暗部+白色に属する部分をさらに強調してハイキー気味に仕上げています。
でも、露出をグンと上げた時のように変な明るさは出てきません。

このように撮影写真をイメージ通り補正するための第一歩が「トーンカーブ」の設定です。
使い方も比較的簡単ですので画像補正ソフトをお持ちの場合は、あれこれ触ってみて感覚を養うと補正スキルは習得できますよ。
余談ですが「露出補正」は色に影響を与えるのではなく、あくまでも「明るさ」を濃く、薄くするイメージでいましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション