商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 綺麗だけどモデルになれない理由

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
アパレルモデルの容姿について

「周りの友達からモデルになった方がいいよ!」と言われます。

よくあるモデルになろうと思ったキッカケの1例ですが、現実は素人さんの友達から勧められたからといってモデルになれる訳ではありません。
容姿端麗・・でもモデルには向いていない人はたくさんいます。
では「綺麗だけどモデルになれない人とは?」・・今回はモデルの素質について少し触れたいと思います。

容姿端麗でビジュアル的には問題ない人は結構いる
弊社のようなスタジオモデルというジャンルの実体験をお話しするなら、モデル募集を見て面接を受けることになる人の半数以上は「見た目はすごく綺麗な人」が占めます。
当然ですが、面接をして即OK!ということもなく、「カメラテスト」で実際に撮影をしてモデル業務を任せて大丈夫か、“可能性”を試します。

この段階ではポージングなどのスキルは全く問題にはしていません。
では、何を見ているか?

「自分を演出できているかどうか」を判断しています。
つまり答えがないものを見たいと思っています。

活字で書くとややこしいですが、「モデルを演じているか」がポイントです。
モデル業務として撮影に臨む場合は、クライントの意図を演じることが仕事です。

ここが大事で「モデル業務のすべてである」と考えます。
メイクやポージングスキルは努力で何とかなるものです。

ビジュアルがどれだけ良くても撮影時に棒立ちになってしまって免許証の証明写真のようになってしまっては、撮影時に服を着こなす動きになるまでに何年練習をしなければならないか?と考えると、即戦力ではありません。
冷酷な表現をしてしまえば「モデルの覚悟がなければ応募はしないで欲しい」と感じます。

撮影モデルに求めることへの勘違い
モデル希望者だけではなく、撮影を依頼するクライアントもそうですが、「良いモデルの基準」を勘違いしているケースが多いのも現実です。

カメラマンにとって良いモデルは、決して操り人形のように指示されたポーズを繰り出せる小手先の技術ではなく、「無意識に演じる力を持っている人」です。
こうした人材の場合は、撮影カットのイメージや体の向きを伝えれば、あとは自ら演じながら服を着こなしていく。

「とってもギャラの払い甲斐のある人材ですw」

では演じる力って、そもそもどうしたら身につくのか?

簡単な例をご紹介すると、カラオケって行ったことありますよね?(笑)
その時は少しは好きな歌のアーティストになりきって歌っていると思います。
つまり無意識に「アーティストに近づけようとしている」ハズです。

写真撮影でも同じで、誰でも最初は立派なモデルではありませんので、「モデルになろうとする」これが演じる力のヒントです。

でも・・恥ずかしい・・・

そうです。モデルは恥をかく商売です。
言いかえれば、自己表現を恥ずかしいと思っている人はモデルには向きません。
最近のスタジオモデルがクライントへの見栄えを考慮して「ビジュアルを揃えるだけ」の傾向に疑問を感じるのはこういった点です。

撮影に求められる綺麗さを知る
アパレル商材においての「綺麗の絶対条件」は「着こなし(演技)力」です。
これはマニュアル通リのポージングよりも優先されるべきだと個人的には考えます。

本来写真の良し悪しというのは「あっ!かわいい!」、「あっ!綺麗!!」という瞬発的な感情で決まります。
そうした写真が撮られる過程にはモデルや撮影者の「綺麗と思わせる演技」が介在します。

撮影側は光やアングルなどで演出をし、モデルはそうしたパターンに合わせた演技で応える。
そうした写真の中に「クライアントの商材」が入り、商品着用写真としての品質は向上します。

つまり、撮影に求められる綺麗さとは「綺麗な女性が着るか?」ではなく「演じる力のある女性が着るか?」で綺麗な写真の仕上がりは左右されます。
容姿端麗でスタイルが良いというのは、あくまでも指標であって、絶対条件ではありません。

モデルを業務として捉えると大事なことが見えてきますので、アパレルモデルを目指す方は「綺麗とは何か?」を一度考えてみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション