商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 写真に衝撃!iMac 5Kはモンスターだった

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
iMac5K 撮影写真
社内で一番古いMacがパン!と悲鳴を上げて逝ってしまってから、1週間ほど経ち「次のマシン」を探すのにAppleストアに立ち寄り「iMac5K」の実機を見てきました。
ストアで見た感想は「壁紙を見る限り普通のiMacと決定的な違いは感じなかった」というのが正直なところ・・また写真を印刷用途で扱うマシンやモニターは既にあるので、「主にWeb制作用に」ということでオーバースペックですが、カスタマイズして「全て盛り」で注文して届きました。

何気なく電源を入れ、写真現像ソフトの「Lightroom」をインストして、クライアント用ではない撮影した写真を数百枚読み込ませてみた・・・

衝撃!!!!!
メチャクチャに鮮明に!そしてリアルに写真が目の前に飛び込んできました!!!

「なんなんだ!!これは!!」
思わず、鳥肌物でした(笑)

「iMac5K」の説明でよく用いられている「印刷物のような質感」というよりは、「今そこに存在しているかのような質感」でした。
キャリブレーションを行い、「iMac5K」のモニター上で現像を行ない、プリントしてみる・・・

「遜色ない色合いで見事にプリント再現がされる・・!」
鳥肌リターンズです(笑)

今までもEIZO ColorEdgeで確認して現像プリントをしていた私にとって、1発のキャリブレーションでここまで再現性に優れているとは溜息しかでない。

「綺麗なのはiMacのRetina画面上だけ」と思い込んでいた私が馬鹿でしたw
もちろん画面上に映し出される写真の解像感もハンパない!
例えるなら、A3サイズでプロラボに出した印刷物がドンドン出てくる感じ・・・もう写真好きには至高の時間です。

ネット上でiMac Retinaの「綺麗な写真」は見ることはできますが、実際に撮った写真を見るのとでは体感が全く違います。
もうカリカリにした写真を撮ってこの画面上に映し出したい衝動にかられますw

5Kの解像度というのは写真に衝撃を与えます。
立体感や繊細さ・・そして息を呑むほどのリアル感・・EIZOのモニターどうしよ・・?
全マシンiMac Retina 5Kにしてしまおうかと邪な考えすら湧いてきます。

感想のオンパレードになってしいましたが、ポイントは5Kの解像度に尽きます。
というのもMacbook Pro Retinaでは、ここまで感じなかった解像感が5Kにはあります。

撮影した写真を現像して楽しむという点だけでは価格も40万程度しますので、オーバースペックかも!?と悩むところかと思いますが、「現在1番オススメするマシンです」ハイ、個人的主観を抜きにしてもです!

こんな風にリアルに写真を見たかった!
そんな叶わないと思っていた願望を見事に現実として可視化してくれる点で、撮影意欲も一気に上がります。

ただ悩みもあります。
「主にWeb制作用に」という本来の目的が変わってしまうかもしれない(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション