商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影をこんなカメラでやってみました

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
スマホで商品写真を撮る
写真品質(良し悪し)というのは、「見る人の主観による」ことが大きく、撮影サービス側が「弊社はハイクオリティーな写真」だと謳うこと自体、一般消費者のことを無視したカメラマンのエゴでしかない。
少し厳しい言い方ですが、個人的には写真に対して深い知識がないお客様に「いいねー」と納めた写真を褒めて頂くと嬉しくなる気持ちは、何年経っても変わらない。
撮影を代行することは「上から目線で写真を撮るのではなく、撮らせて頂ける喜びを持って対応すれば人には伝わる」これは写真が上達するコツです(笑)

話は逸れましたが、今回は高級カメラやレンズだのってメカニカルな話は抜きにして、撮影スタジオで照明だけをある程度考慮して、「商品写真をスマートフォンで撮ってみよう」という無謀!?なチャレンジ企画です。
誤解の無いように触れておきますが、「スマートフォンで商品撮影をしよう!」と勧めているわけではなく(笑)、スマホで撮った写真で品質はどれくらい悪いのか?を感じてもらう企画です。

では早速、スマホで撮った商品写真を見ていただきましょう。
スマホで撮ったサンプル
スマホは「iphone 5s」の内臓カメラで撮って、Photoshopで軽く調整しただけです。
今、頼んでいる撮影スタジオさんの「物撮り写真」と比べていかがですか?
まさかとは思いますが、この写真より劣っている場合は、スタジオを見直しましょう(笑)

ではプロの目からこの写真にダメだしをするならば、

・靴底面の文字が反射してしまっている
・サイド写真のアングルをもう少し下げて水平にするべき
・ポイント部分の強調加減をもう少し・・
などなど・・

あれこれとツッコミを入れたい箇所はございます。

しかし、考えてみてください。
商品写真はだれが見る写真なのか???

冒頭で書いた「スマホで撮った写真で品質はどれくらい悪いのか?」の悪い点はすべてライティングによるところです。
カメラとかレンズとか照明機材だとか・・機械的なことは関係なく、「見え方・撮り方だけ」の問題です。

商品撮影サービスを行なう業者が写真品質に対しての認識が消費者とズレてしまう点は「プロレベルへのおごり」です。
一般消費者に向けての商品写真は伝えることが重要で、キレイすぎる写真は、「実際の商品はこんないいはず無いよね~」という疑念を抱かせて逆効果になる場合だってあります。
何もかもプロに任せれば良いということではなく、ネットショップの担当者さんでも案外撮れてしまうのが「物撮り」です。

綺麗な写真という考えは、写真を見てもらう対象によって価値判断が変化することも感じてもらえればと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション