商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 本当にお得!?商品撮影キットの値段を斬る!

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
世の中には「誰でも簡単に商品撮影ができるキット」なるものが販売されています。
今回のネタは決してそうした撮影キットを批判するものではなく、「私ならこうする」という1つの意見です。
工作が苦手という方は、費用対効果をみながら既製品を購入するか否かを決定して下さい。

では、今回検証する商品撮影キットの内容を見てみましょう。

噂の商品撮影キット
基本的にはボックス型の撮影台ですが、撮影可能なサイズにも制限がありますので、アパレル系のワンピなどの撮影には向きません。
アクセや雑貨類には良いかもしれませんね。

ここからが本題で、価格として4万円程度するこの商品撮影キット!自作したらいくらで作れてしまうのか??
実際に見ていきましょう!

1~3は主に撮影台としての基礎部分ですが、要は背景ペーパーを吊り下げられて、トップライト(天井)を入れればOKです。
以下が代用できる市販の部材ですので価格を含めて検証してみます。

商品撮影キットの土台作り
土台はハンガーラックを購入すれば「簡易背景セット」が出来上がりますw
あとは、トップライト用のクリップ型電球をかませて、トレーシングペーパーで覆います。
これで、4万円の商品撮影キットの基礎の部分は完成です。

そして次にレフ板などの撮影台の前面に配置する部材を揃えてみましょう。
以下は4~7の部分になります。

撮影補助部分の制作
背景ペーパーは上質な撮影メーカーブランドのものでグレードアップして、その他は100均で十分ですw
あら・・完成してしまいましたけど・・・どうしよう・・・(笑)

いや、でもトータル価格が4万円になってしまったら自作の意味がありません。
金額をしっかり確認しましょう!

・ハンガーラック
・クリップ型電球
・トレーシングペーパー
・パーマセルテープ
・カラーボード
・ブックスタンド
・背景ペーパー
・ミニ三脚

合計金額は!9,880円!!!なんだそりゃーー激安商品撮影キット完成じゃないですか(笑)
さらに品質を向上させるためにテーブルやハンガーラックなどを追加しても15,000円もあれば、高級商品撮影キットになりますw
4万円出すならもっと照明機材を追加してもいいですね♪

ざっとここまで「本当に商品撮影キットはお得か?」について検証してみましたが、私なら間違いなく自作します。
工作という程でもなくハンガーラックに背景ペーパーをテープで留めるだけですが・・w

物撮りを専門に行なっている業者さんは、ほとんどこういった撮影キットを使うことは無いと思います。
プロは自作して光をコントロールする術を知っている、つまり最小限の設備でも撮影は可能だと分かっているからです。
正直言ってしまえば、以前ご紹介した「ダンボール箱の商品撮影ボックス」の方が光は綺麗に回ります。

4万円商品撮影キットのサンプル画像も公開されていますが、雑貨系のものであれば、自然光+レフ板くらいでナチュラルに仕上げた方が印象の良い写真が撮れます。
この記事を読んでいただいているプロのカメラマンなら皆さん知っています。
「万能な商品撮影キットなど無い!」ということを・・

是か非かの問題ではなく、撮影用品は工夫すればコストダウンを図れることを覚えておいて損はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション