商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 一眼レフのシミュレーターアプリを楽しむ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影シミュレーターアプリ


一眼レフカメラを使って写真の勉強をしようと思っても、屋外にカメラを持ち出して撮るには・・ちょっと気分がノラない・・
そんな出不精の方でも時間がある時に楽しみながら撮影をシミュレートできる便利なアプリをご紹介します。
大胆な冒頭の書き出しになってしまいましたが、あくまでもシミュレートとしてお役立て下さい。

海外版ですが、上記のリンク先からページを開いてもらうと一目瞭然です!
撮影の雰囲気をシミュレートできます。

たかがアプリといって侮ってはいけません。
「天候」・「被写体との距離」・「ズーミング」・「ISO感度」・「絞り」・「シャッタースピード」はもちろん、撮影モードも「絞り優先」、「シャッタースピード優先」、「マニュアル」とかなりの充実でフリーで遊べます。

各設定項目を決めたらシャッターボタンを押すと、仕上がりイメージが表示されます。
シャッタースピードによる手振れや適正露出になるためには、どの設定をいじるとどこが連携するのか?
初心者の方にとっては、活字で説明されるよりも直感的に写真撮影の操作感を味わえるので便利です。

こうしたカメラレッスン的な事を実際のモデルを使って行なうとなると、費用や時間もかかりますし、何よりカメラテストに付き合う方は精神的に疲れます。
被写体としてカメラ前に立っていて、撮影側は数値を触って写真の違いを楽しめますが、被写体は立ち尽くすしかない・・・

カメラ機能で最初に覚えたいことは、「数値を変えると写真はどう変わるのか?」だと思います。
このシミュレートアプリならそうした数値の変化を視覚的に捉えることができますので、入門編としては役立ちます。

しかし、撮影は現場の空気感や被写体との会話の中から写真は生まれることを忘れないで下さい。
どれだけ撮影をシミュレートしてカメラ機能を覚え込んでも対象が変われば撮り方は変化します。

極上の撮影上達方法は「本気で撮って、本気で失敗すること」です(笑)
本気で撮って納得がいく写真が撮れなければ絶対に悔しいはずで、もっと上手くなりたい欲求が生まれます。
予習と復習、学生みたいな当たり前のことですが、撮影技術を自分のものにするには、所詮アナログな考えの方が近道だったりします。

バーチャルアプリやシミュレーターは、向上心をサポートするツールであって、技術や実績を形成する核になることはありませんのでご注意を。
写真撮影においてシャッターチャンスが訪れる瞬間は、心が動く瞬間ですのでシミュレートアプリでは再現できないと割り切りましょう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション