商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 一番簡単なはじめてのカメラ選び

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
カメラ選び
「カメラ欲しいけど何がオススメ?」

これって近くにカメラを持っている友人・知人に聞いてしまうよくあるパターン。
親切な人は機能面や画質の違いなど細かくカメラ選びのアドバイスをしてくれるかもしれませんが、個人的には「好きなの買えばOK」といつも言ってしまいます。
誤解の無いように書きますが、冷徹な対応ということではなく、道具選びなど感覚で選ぶのが一番です。

そもそも写真を撮るという行為は、十人十色。
もっと言えば、どのカメラを買っても写真は撮れるのです。

カメラに対する想いもそれぞれですが、現在市販されているカメラのことを購入前から機能や画質などを考えるのはナンセンスで「買ってしまえば機能も画質も納得して使うしかない」のです。
他のレビューなどを見て迷うのであれば、実際に店頭に行ってデザインが好きなのを選ぶと良いでしょう。
直感的に好きになったカメラは経験上、長く使うからです。

こだわってしまえば際限なく迷うことが出来ることもカメラ選びの楽しさの1つですが、「簡単なのがいい!」ならスマホでいいでしょ(笑)
道具というのは必要な条件を満たしていることが重要で、「持っていて可愛いのがいい」という条件であればトイカメラのホルガでもその人にとってはベストな選択なのだと思います。

仕事として使うカメラということでプロが選ぶのはコレだ!みたいなくだらない記事を目にすることもありますが、どんなプロでも写真だけを見て「機種まで当てれる人などいない」
そもそも機種が判断できて何のメリットが・・「機種ソムリエ」なんて職業ないでしょ(笑)

要は、写真を撮ることを目的にしている人ほどカメラを選ぶという事の優先順位は低い。
熱くカメラの機能面を語っている写真家ほど、「過去の栄光にすがっている評論写真家が多い」と感じるのは私だけでしょうか・・(暴言です)

撮影現場の経験上、一眼レフを使うこともあれば、コンパクトタイプを使うこともあります。
高画素ハイスペックな写真を撮ることが良い写真ということではなく、時には雰囲気を重視してチープ感を出したい時もあるのです。

PC関係の仕事で撮影をはじめた経験上、昔感じたことですが、こんなことって今もありませんか?
パソコンの中に「イラストレーター」や「フォトショップ」をインストールしてある・・が使ってない。
要は使わない人が万能アプリを持っていてもHDDの無駄です。
でもインストールしていることで、デザインができる気になっているみたいな・・
そんな変な所有欲とハイスペックカメラの所持って何か似ているような・・

満足できるカメラ選びは簡単です。
手に持ってみて「良いと感じるカメラ」をたくさん使って、たくさん写真を撮ることです。
くれぐれもカメラのスペック表だけを見ず、撮影者のスペックも見るようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション