商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 謎のモード!?プログラムAEとオートの違いを知る

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
プログラムAEモードとは何か
デジタル一眼レフカメラに設けられているモードダイヤル、「フルオート」、「マニュアル」、「絞り優先」、「シャッタースピード優先」など使用する人やシーンに合わせた撮影モードをダイヤルを回すことで選択することができますが、謎のダイヤルモードが「プログラムAE」という撮影モード(笑)

カメラを始めたばかりの人によく質問される、この「撮影モード選択内のPのマーク」、確かにファイルカメラの時はこんなモード選択なんて気にすることはありませんでしたが、デジタルカメラ時代の有効な撮影モード機能の1つとして今回少し「プログラムAE」とはどのような使い方ができるのか?を理解しておきたいと思います。

「Pモード」つまり「プログラムAE」は、使い方を知っていれば非常に便利なツール(機能)です。
数年前にスナップ系の有名女性写真家もスナップ撮影をするときは、「プログラムAE」モードに固定して撮っているという発言があって驚いたほど便利な機能です。

では通常よく使われるカメラの「オートモード」と何が違うのか?
結論から言えば「絞りやシャッタースピード」をカメラ(撮影者)任せに切り替えながら撮影していくことができるモードです。
いまいちピンときませんよね・・

さらに噛み砕くと「オートモード」はシャッターを押して写真が出来上がりますが、「プログラムAE」はカメラのメインコマンドダイヤル(ニコンの場合)を回すことで「絞りやシャッタースピード」の数値を適正露出をキープしながら変更できてしまうのです。
機種によってはシャッター半押しの状態でダイヤルを回します。

プログラムAEモードの設定方法
「全部カメラ任せは嫌だけど、個別に絞りやシャッタースピードの設定は面倒・・」という時に最適なモードです(独自見解)
例えば明るさが場所によって異なる室内で、移動しながら撮影をする時などは、明るさの変化を気にせずに撮影に集中できます。
つまりダイヤルを回すことで適正露出の組み合せをポンポンとカメラ側が決めてくれるので、照明の光量や撮影場所によって「暗くなりすぎたり」、「明るすぎたり」することなく手軽に写真撮影が楽しめます。

ボケ味などの意図した数値を個別に設定して撮影したい時は、やや撮影者の意図がストレートに反映されるモードではない気がしますが、適正露出というのは初心者が悩む項目の1つなので、使い方によっては有効な武器にもなりますね。
プログラムAEモードはフルオートでしか撮ったことの無い人が「もう少し絵作りがしたい」という要望に応えるモードですので、まずはこのプログラムAEで表示される絞りとシャッター速度の関係性を確認しながら次なるステップへと進んでいきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション