商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. モデルか被写体なのか?その違いで撮影料金は変わる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
モデル料金の妥当性
商品撮影などの商業用写真に起用するモデルとはモデルです・・

何を今更・・と感じられるかもしれませんが、これはモデル費用が込みとなっている撮影料金に大きく影響していることを考えて欲しいと思います。
弊社サイトをご覧頂いてる方の大半は、ネットショップ事業者様だと思いますが、モデルと単なる被写体を区別する感覚が浸透していないケースがたまにございます。
今回は、「なぜ撮影業者がモデル料金込みで安く受けるか?」を感覚で捉えて頂ければ幸いです。

さて本題ですが、私の感覚として「モデルとは」クリエイティブな感性を持った人材です。
対して「被写体」とは文字通り「撮影に必要な素材(オブジェ)」です。

アパレル商品の着用写真という観点でみれば「モデル」を起用することは商品を購入する人にとって有益な情報提示となりますが、スキル無い人材、つまり被写体だけを望むのであれば、生身の人間を使う必要は無く、マネキンやトルソーで十分役割は果たします。
これについては何度か記載していますが、これを現在の撮影サービスに置き換えてみたらどうでしょうか?

例えば「モデル撮影代金込みで1000円!」という破格の安値があったとします。
同業者から見れば、「ただの被写体か・・」とすぐ見分けはつきますが、一般の方からすれば「モデル料金が安くてお得かも!?」と勘違いしてしまう方もいると思います。

モデルという言葉や肩書きは、昨今のネット事情では、スキルの有り無しに関わらず、写真の被写体であればモデルだという表記がされています。
スタジオを変えたら着用イメージの写真が全然違った!・・という意見は明らかにこうした認識のズレが生じた結果だと感じることもあります。

単純に着用している「生身の人間」つまり被写体であればOKという条件であれば、格安の業者を利用することは料金的にはメリットがあります。
ただ1つ考えておいて頂きたいのは「もしもトルソーの方が価格が安かったら?」個人的には被写体としての人間より、サイズ感が正確に出るマネキンやトルソーを選択します。

弊社の場合、撮影代金は「高過ぎず、安過ぎず・・」です。
これが良いか悪いかはご利用頂くお客様の判断に委ねるとして、撮影業者として「曖昧な表現」は避けています。
激安とか業界最安などの文言は当然使いたくもありませんので、「適正価格」と表示しています。

取り扱うモデルの価値を「被写体レベル」まで下げていけば、「日本一安いモデル撮影サービス」と記載するかもしれませんが(笑)、モデルとしての現在のコンディション状況や直近のお客様の感想を素直に提示することでモデルレベルをキープしてきた弊社のスタイルは変わることはございません。

被写体扱いの人材なのか?、モデルとして扱える人材なのか?
その境界線をしっかりと見極めることができれば撮影料金の妥当性は見えてくるものだと信じております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション