商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 光の特徴を活かした撮影照明を選ぶ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
撮影照明と光の質の違い
最近では商品撮影キットで、「ストロボ+アンブレラ+スタンド」がセットになったお手軽撮影機材のセット販売みたいなものがあります。
こうした初心者向けキットでは、「コレさえあれば何でも撮れます!」的な触れ込みを目にしますが、この文言が少々疑問だったので、私なりに光の特徴から環境にあった照明機材について書き留めたいと思います。

照明機材といえばアンブレラがベスト・・なのか!?
一般的には撮影照明機材となるとアンブレラやボックスタイプが主流ですが、一見すると同じような照明効果のように感じてしまいがちですが、比較すると違いはあります。

まず、こうしたボックスやアンブレラを使用する理由は主に2つあります。
・光の質をコントロールする。
・光の方向をコントロールする。


この2点についてはボックスでもアンブレラでも意味としては同じですが、「集光性の違い」においては決定的に異なります。
ボックスライトは「スポットライト」、アンブレラは「点から面へと変化するライト」と呼んでも良いかもしれません。

それぞれの光の拡散方法を知る
拡散光というと「どれだけ光が広範囲に行き渡るか?」ですが、ボックスとアンブレラではストロボ装着時の向きがまず違います。
ボックスライトはストロボ電球の向きはボックスの面に向いているのに対して、アンブレラは一旦跳ね返った光を飛ばす方向(傘の内側)に向いている違いがあります。(アンブレラタイプでも1部仕様が異なる場合はあります)
懐中電灯で例えると、ボックスは人物に直接向けたような光、アンブレラは壁に跳ね返して照らしている感覚です・・例えが分かって頂けると嬉しいです(笑)

次の画像をご覧下さい。
上記の光の向きの違いにより、ボックスとアンブレラでは「光の拡散の仕方」が異なります。
アンブレラは距離が遠ざかるにつれて拡散率は大きくなりますが、ボックスは単一方向に向かって光が伸びていくイメージです。

ボックスライトとアンブレラの違い
こうした光の特徴がどのような影響を及ぼすのか?
例えば、人物の顔を中心にライティングしたい場合は、どちらでも比較的簡単にライティングは行なえます。
しかし、全身を均一に照らそうとすると、アンブレラの場合は拡散率が高いので、100の光を被写体に100届けるのは厳しくなります。
光量の集光性が高いボックスであれば100の光をロスを最小限に抑えて照らすことができます。
ただ、集光性が高いという事はそれだけ「人工の光」のイメージが強くなりやすく、太陽のような自然な光を作ることは難しくなります。

一概には言えませんが、物撮りのような人物以外の撮影を想定した場合は「狙った所に光を簡単に当てることができる」この点で、ボックスライトがお勧めですが、人物撮影の場合はアンブレラの方が撮影照明のコツを掴みやすいようです。
人物なのか?物撮りなのか?・・・この違いで最初に揃えるべき照明機材の参考にして頂ければと思います。

どちらが有利ということではなく、写真の仕上がりに合った機材を選ぶことが重要で、「お手軽キット」と書いてあっても、目的によってはお手軽ではない場合があることを覚えておいて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション