商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 初めてのクリップオンストロボの選び方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
クリップオンストロボ(スピードライト)選び方
商品撮影などで使うストロボについてですが、「モノブロックタイプ」と「クリップオンストロボ」どちらを買うべきか?
そもそもこの2つのタイプのストロボは重量も機能も全く違いますが悩む方もいるようです。

ご存知のように「モノブロックタイプ」のものはコンセントから電源を取るのに対し、クリップオンストロボ(スピードライト)は電池式が一般的です。
もちろん、軽量コンパクトという点ではクリップオンストロボとなりますが、仕様表を見たときに「どういうこと?」と悩んでしまうのがGN(ガイドナンバー)の表示でしょう。
少し調べればガイドナンバーは「光が適正露出で届く距離」を示していることは分かるはず。
しかし、仕様表には「一定の条件下でのガイドナンバー表記」であるため、自身の持っているレンズや撮影環境下でどこまで光が届くのか?という疑問が湧いて、少しでもガイドナンバーの高い商品を選ぼうとしてしまうのです。

実際、私も8年ほど前にガイドナンバーが高いクリップオンストロボを買った経験があります。
それがニコン純正の機種SB800です。
購入の経緯はロケ先でモノブロックタイプも設置できないスペースでの撮影が入った為です。
同じものを2台購入し、サブとしてサード製の安価なものを2台、合計4台で現場入りしました。

結論から言えば「発光+光の演出」という点で高価な機材は必要なかったと感じました。
撮影スタイルにもよりますが、任意に個々のクリップオンストロボの光量さえ変更できれば、適正露出は露出計で測ってしまうので、自動調光などの項目は全く使いませんでした。
つまりメイン、フィルライトの設置と光量バランスさえ掴めれれば「何とかなる」のです。

ではSB800の仕様を見てみましょう。
ガイドナンバーと仕様表の見方
F値が1の時に35mm+ISO100で撮れば38m届く・・・
その他、多種多様なパターンでガイドナンバーは変わる!!
これってクリップオンストロボの数が増えれば何の指標にもなりません(笑)
というか、露出計で測ってしまえば一発です。

これもまた使用環境にもよりますが、私の場合、カメラにクリップオンストロボを装着することはありません。
使用状況はカメラから離して「ストロボを仕込む」ことが多いので、ワイヤレスで同調発光すればOKなのです。

多分、クリップオンストロボを検討されている人に相談されたら、「ガイドナンバーは気にしなくてもOK!」と答えるでしょう(笑)
今はもうデジタル一眼レフが全盛の時代なので、よほど特殊な撮影でなければ、光量不足はISO感度を上げれば、解決します。
付け加えるならば、人物撮影で30m以上離れた被写体に向けて写真を撮るシーンって・・・年に1回あるのかしら??って感じです。

クリップオンストロボなどの商品は「少しでも良い商品」と考えてしまいますが、使用頻度や撮影場所の広さを考えると「必要なクリップオンストロボ」が見えてきます。
店舗写真などで暗がりになるスペースにクリップオンストロボを忍ばせて光で起こすなどの場合は、「おもちゃストロボ」でも演出効果は出ますよ。
ガイドナンバーはあくまでも目安!、光の届く距離より光の演出に集中した方が写真は綺麗になりますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション