商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 望遠レンズがなぜ商品撮影で有効なのか?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影で望遠レンズを使う意味
撮影台に商品を置いて撮影する際に使うレンズ、一般的には望遠(中望遠レンズ)を使って「遠くから寄って撮る」ことで、商品の形状を綺麗に写すことができます。
同じような画角で撮影するのであれば「レンズにこだわる必要はないのでは?」と感じるかもしれません。
確かに商品の形状を綺麗に写すという理由だけであれば、望遠レンズにこだわらず、単焦点レンズでも構いません。

では、なぜ望遠レンズを使うかといえば形状の歪みを防ぐ意味合いと、もう1つ大きなポイントがあります。
反射物以外の商品を撮影するのであれば、望遠である必要はないでしょう。
しかし鏡のように反射する素材の商品、例えばサングラスやアクセサリーなどを、単焦点レンズでグッと近づいて撮影すると・・

もうお分かりだと思いますが、カメラが商品に写り込んでしまいます。
望遠レンズを使って離れた場所からグッと寄って撮ればこうした写り込みも回避できます。(調整が必要)
撮影に慣れなていない人の場合は「接写だからマクロレンズ!」と飛びつかないようにすることです。

レンズの特性など細かなこともありますが、レンズ自体を「近づけて撮れば歪む」と漠然と覚えておいてもよいでしょう。
真四角の商品撮影でレンズ毎、近づけすぎれば綺麗な四角にならず歪んだ輪郭になってしまうのが分かりやすい事例です。

そういえば望遠レンズと単焦点レンズの違い・・補足しておきます。

望遠レンズと単焦点レンズの違い
急な説明ですが、先日お客様の持っているレンズが望遠だと思っていたけど、実は「単焦点レンズ」だったという出来事に遭遇したので・・
単焦点レンズでもリングが本体部分に付いていますが、「ピントリング」であり「ズームリング」ではありませんのでご注意を(笑)

アクセサリーなどの撮影の場合は、マクロレンズでの撮影も考えられますが、一般の方は日常写真で「マクロ撮影」をする機会は少ないと思いますので、望遠+マクロとレンズ数を増やすより、望遠レンズにクローズアップリングなどをつけて必要なときだけ「マクロ撮影」をする方法でも良いかもしれません。

業務的に撮影をするのであれば、TPOに合わせたレンズを用意することは望ましいですが、望遠レンズが1本あれば、工夫次第でほとんどの撮影対象をカバーすることはできます。
商品撮影でなぜ「望遠レンズ」が有効なのか?
考えられるのは「寄る、引く」という撮影行為に対して柔軟に対応できる点や撮影対象のカバー率が大きいためでしょう。

とはいえ、「綺麗さ」という点では、目的に合ったレンズを選択することで写真の描写力は向上します。
まずは望遠レンズ!極めていくために他のジャンルのレンズ特性を知って目的に合ったレンズを買う!
段階を経たレンズ購入で無駄な投資を防ぐことができますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション