商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 出張撮影を頼んだら写真が毎回違う!?

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
出張撮影サービスで注意しておきたいこと
ネット上での商品撮影サービスの場合、商品をスタジオに配送して撮影後にデータを受け取る、一般的にはこうしたシステムが多いのですが、扱う商品のコーディネートが複雑だったり、店舗内での撮影が絶対条件となる場合は、「出張撮影サービス」を検討することになります。
ネットで検索すれば多数の業者が見つかりますが、こうした出張撮影に関して注意しておきたい点を記載しておきます。

公開されている写真を撮ったカメラマンが来るとは限らない
どこのサービス業者もサイト上で「撮影サンプル」として大まかな写真品質を確認することができますが、出張撮影の場合は公開されている写真を撮ったカメラマンが来るとは限りません。
例えば、東京を拠点にサービス展開しているスタジオが「全国出張」となっている場合は、そこのスタジオに登録されているカメラマン(アルバイトも含む)が派遣される。
当然、発注元のエリアに事業所が無い場合は、近隣で動けるカメラマンが出動することになります。

以前、弊社にのりかえのお客様が出張撮影を他社で利用した事例で、「初回の撮影は満足だったが、2回目以降は極端に色合いがおかしくなった」という相談を受けました。
単純に2回目以降はカメラマンが変わっていて、初回のカメラマンと違い持参してくる機材も少なかったそうです。

依頼先の業者は同じなのになぜこうした状況になるのか?
答えは明白で初回のカメラマンはベテランさん、2回目以降は経験が乏しいカメラマンが派遣されたのでしょう。

登録制のカメラマンを扱っている「全国出張撮影サービス」となっていても優良業者の場合は出張でやって来る「カメラマンの参考写真」を事前に確認させてくれるはずですが、全国出張という文言のために「写真が撮れるだけのカメラマン」を派遣するケースもあるようなので注意して頂きたい。
登録カメラマンの場合、当然自前の機材で客先に向かうとなれば、アルバイトであっても会社から支給されない限りそれなりの自己投資は必要です。
となると、カメラマンによってバラつきが出てしまうのは当然です。

登録制のアルバイトカメラマンの場合、時給的には900~1,500円程度が相場なので、それに見合った機材への投資と仕事量のバランス関係が問題になります。
とはいえ、バイトカメラマンでもきちんと撮影業務を行なう人材もいることは確かですので、一概にアルバイトカメラマンはNGという訳ではありません。
大事なことは、出張撮影を依頼する前に「どのような写真を撮っているカメラマンなのか?」を確認することです。

出張カメラマンのジャンルを知っておく
一般の方にとって写真知識のあるカメラマンなら安心という意識があるかもしれませんが、カメラマンにも不得意ジャンルは存在します。
機材的な部分で言えば、風景写真や建築系のカメラマンが常備している機材と人物系を主に撮っているカメラマンとではレンズや撮影小物の種類や対応能力も異なります。
更に細かく見れば、静物写真か人物写真、どちらが得意なのか?ここも微妙に違いがあります。

例えばアパレルのモデル撮影を出張撮影で依頼して、派遣予定のカメラマンのサンプル写真が「ウェディング写真」「ジュエリーなどの集合写真」があり、綺麗に撮られた素材ばかりだったとします。
これなら大丈夫と思って、モデル撮影を頼んでみたら・・・う~ん何か違う
写真はどのジャンルで撮り続けているかによって明らかに差が出る世界ともいえます。

恥ずかしながら私の場合も「写真やってるんだからウェディング写真をお願い!」と言われれば正直そこそこの写真になるでしょう(笑)
つまり「どのサンプル写真を見てカメラマンを決めるのか」というのがポイントで、スタジオが派遣するのだから絶対大丈夫という確証はないと考えるのが賢明です。

また出張撮影を利用する場合は、地元エリアのスタジオに相談する方がトラブルも少ないように感じます。
確かに安価な「全国出張サービス」となっていれば飛びつきたくなりますが、まずはスタジオの拠点がどこなのかを確認して、派遣カメラマンの写真サンプルを見せてもらってから依頼するという流れを把握しておくことをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション