商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品画像をコントラスト補正する場合に注意すること

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
コントラストで商品写真が変わる
最近では、高画質で綺麗に見える!?写真が手軽に撮れるスマホが登場していますが、高精細とか高画質・・はたまた高輝度ディスプレイなど写真を見る側にとっては、「綺麗な見栄えのする写真を好む傾向」があるようですが、綺麗さだけを追求すると商品写真では何か問題があるのか?
余談ですがスマホなどの5インチ程度のモニター画面上で画質の「高画素な感じ」を肉眼で確認するというのは少々横着な検証であることを付け加えておきます。

さて今回は、「人が見て綺麗な写真」を1度考えてみましょう。
「コントラスト」といえば「明るい部分と暗い部分との明暗の差」のことですが、このコントラスト設定を変えると写真の印象は鮮やかになることはもうご存知だと思います。
商品撮影を行なった写真を後で補正する際に、コントラストを触る・・こうした事例はよくある事で、納品後に実際にお客様が使用公開されている商品画像を拝見すると「コントラスト効果」の処理を施されている場合があります。

では、コントラストの有無で、どんな風に商品の色合いに変化が生じるのか? まずはご確認下さい。

商品写真とコントラスト効果
左の写真はコントラストは設定されておらず、撮ったままの写真です。
対して右側は「コントラスト処理」を行なったものです。

全体的に写真の明暗の差が深くなっていることが確認できると思います。
右側の写真は、ハッキリした画像になって「綺麗な明暗差(コントラスト)の効いた写真」になりますが、注意して頂きたいのは、「ニットの色」です。
コントラストを効かせることで、元画像の「ネイビー」が濃いネイビー(濃紺)に見えます。

商品画像として捉えた場合、消費者に与える影響はどうでしょうか?
もしも「濃紺」のカラーを希望していた購入者の場合、届いた商品が実際は濃紺ではなかった・・という状態になります。

要は、写真を綺麗に見せることと、商品色を正確に伝えることは別の目的だということです。
例えばこれが、モデルさんのプロフィール写真であれば問題は無いでしょう。
しかし、商品写真として考えると誤解を生じやすい画像ということになります。

商品撮影の場合、印象を良くするための画像補正は、単純にコントラストやトーンカーブをいじるではなく、「商品本来のカラー」を基準に写真の仕上がりを調整しなければなりません。
前提としては、スタジオ撮影・納品の段階で業者側が最適なコントラストで最適なカラーコントロールをするべきですが、業者によっては過度なコントラストや彩度調整をして納品されてしまうケースもあるようです。

写真とコントラストの関係は上手く処理すれば「綺麗で適正な写真」になります。
注意すべき点は、コントラストは見栄えだけを良くする為の設定項目ではないことを補正時に理解しておくことです。

また、「人が見て綺麗な写真」と、「消費者が望む情報が得られる写真」では、画像補正する目的が根本的に違うことを理解しておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション