商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影代行サービスに求められる情報の提供

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
夏物アイテムが本格化してきたということで、弊社にご相談に訪れるショップも増えてきましたが、本日は商品撮影代行を他社で依頼したお客様が不満だった点に着目して、現在の写真サービス業者へ求められる情報提供について触れていきたいと思います。

意外と見られているスタジオの方向性
まず弊社の場合、問い合わせ事項で1番多いのが、やはり「サンプル撮影」です。
これは「実際にショップで扱っている商品を、実際のモデルが着用してサンプル撮りを行なう」サービスです。
手前味噌ですが、この「モデル着用でサンプル写真を出す」というのは調べる限りモデルコードが元祖です。

当初、こうしたサンプル撮影というのは「モデル使用はNG」の業者が多く、お試しで撮るというサービス自体は物撮りのみ内容から少し発展させただけのものでした。
なぜスタジオ側がサンプルの段階でのモデル使用を敬遠していたのか?
肖像権やらと乗り越える壁はありますが、一番の理由は「サンプルのみで終了した場合は赤字になる」ことでしょう(笑)

例に漏れず、モデルコードの場合もサンプルだけで本番が無ければ赤字になりますが、発想を変えれば「写真がきちんとしていれば必ず顧客になって頂ける」と判断したからです。
もしも自分が商品撮影を依頼する側の場合、一度も取引をしたことがない業者に写真を任せるというのは、ある意味賭けとなります。
昨今では、サイトさえあれば信用される理屈など通りません。
弊社のサンプル撮影サービスは、受付から打ち合わせ、写真内容や返送業務まですべてが含まれます。
ネット上では見えてこないサービスに対するスタジオの方向性を感じてもらうには、赤字の恐怖はあってもメリットは大きいのです。

商品撮影の代行という意味
撮影を受付けるスタジオは「お客様の商品を撮る」、この事だけが商品撮影を代行するという意味ではありません。
端的に言ってしまえば、代行して撮影するだけなら少しカメラに詳しい方なら業者に頼まなくても作業はできてしまいます。

商品を預かるということは、現在ネットショップ上でどのような撮り方が注目されているか?
またお客様自身がどのような写真を望んでいるか?など、まさしく顧客のスタッフの立場から撮影業務を行なうことが大事です。
「必要以上のカットは撮らない」などの行動は、ある意味プロフェッショナルなのかもしれませんが、「もしかしたら、こういう写真が好きかもしれないから撮って提出してみる」というのも商品撮影を代行する上で大切な仕事です。

お客様からお聞きするスタジオへの不満というのは、概ね写真だけが納められているケースが多いのも事実です。
あくまでも「商品撮影代行サービス」ですので、スタジオ側の「決められたカット数を決められたパターンで納める体制」を否定はしませんが、「このジャンルの商品はA社と同じだから今回のB社も同じでOK」という理屈が前面に出てくると、顧客の満足度は低くなるでしょう。

照明の設定やカット内容など顧客ごとに「好き嫌い」は必ず存在します。
何もかもを顧客に任せれば良い!ということではなく、判断するための情報をどれだけ掲載していくのか?という点が、今後の商品撮影サービスのサイト構成には必須だと考えます。

「会社概要」・「料金体系」・「参考写真」・「オーダー」・・これら基本的な情報提供も必要ですが、情報提供という観点からみれば「どこにでもあるコンテンツ」です。
新しい情報が提供されて「動いている撮影サービスサイト」が、今後の撮影代行業者を見極める1つのポイントになってくるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション