商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. シャッタースピードで明るさを調整した撮影

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
シャッタースピードと明るさの表現
写真の明るさを決める要素として「シャッタースピード」・「F値」・「ISO感度」がありますが、撮影初心者の方によく見かけるのが「ISO感度」を上げて写真を明るく撮ろうとするクセです。
デジタルカメラにおいては「ISO感度」という感光設定は今では重宝される設定項目ですが、フィルムカメラの場合は「フィルム自体を変えない限り感度は変更できない」ものです。
デジカメならではの便利機能の使用禁止!とは言いませんが、カメラ本来の考え方からすれば少々疑問が湧きます。

シャッタースピードの調整で撮れる写真
例えば三脚を使って夕焼けを撮っているとして、「明るさが足りないからシャッタースピードで調整する」これは正解です。
カメラが固定されている状態で、敢えてISO感度を触る必要は無いことはご理解頂けると思います。
撮影するときにどれだけの光を集めるか?つまり露光時間の調節がシャッタースピードの役目です。
下の図をご覧頂くと数値が小さくなる(露光時間が長い)と、写真は明るく写り、露光時間が短ければ暗くなります。

シャッタースピードと露光量の関係
フォトグラフ(光を描く)という点でも感光(ISO)を上げるのではなく、シャッタースピードの調整の方が確実に綺麗な写真が撮れます。
ISO感度は「手ブレを抑えて明るく撮る!」。。「暗所で絶対に写さなければならない」こうしたケース以外は個人的にカメラメーカーが一番綺麗に写るとしている最小のISO感度から変更することはありません。
光の軌跡を描いたり、写真を深く楽しむためには手軽なISO感度に頼らずに「絞りとシャッタースピード以外無い!」くらいの気持ちで撮ることに慣れれば、ISO感度の便利さも再確認できると思います。

シャッタースピードより先に絞り(F値)は決める
写真の明るさを決める要素の「絞り」ですが、これも余程特殊なケースを除けば「これを撮影しよう!」と思って誰でもカメラを構えるハズです。
厳密言えば絞りは明るさにも影響を与えますが、その被写体に対してどのような「ボケ感」で撮るのかを決定することが「絞り」の特徴で、撮り始めてコロコロと「絞り」を変えるのはカメラマン自身に「具体的なイメージが固まっていない」証拠です。
プロのカメラマンでもいつもマニュアルモードで撮っている訳ではなく、「絞り優先モード」で撮ることがあります。
理由としては単純で「シャッタースピード優先」より写真の仕上がりを素早く判断することが出来るためです。

例えばシャッタースピード優先で数値を1/250秒で設定し、撮影した写真の被写界深度(F値)は測光箇所によってすぐに変わってしまいますが、「絞り優先モード」であれば適正な明るさのシャッタースピードを測光箇所にカメラが判断します。
つまり「シャッタースピード優先」ではボケ味など写真の絵作りに関わる重要なものが変更されてしまう可能性があり、逆に絞りさえ決めてしまえば意図した絵作りに集中できるというメリットがあります。
しかし、どうしても背景を流したい、または完全に動きを止めてしまいたい場合は「逆の考え」となります。

写真表現は、カメラ設定を駆使して撮るには、やはり経験が必要ですが「なぜこの設定をいじっているのか?」を考えるとシャッタースピードを変える意味が理解できるはずですので、まずは絞り、ISO感度は触らず、シャッタースピードだけで写真パターンを変えてみる練習をしてみると良いでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション