商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. LX100のiA機能でポートレイトしてみる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
lx100でポートレイト撮影
個人的に若干溺愛し過ぎてる感もあるPnasonicのDMC-LX100・・コンパクトデジカメです(笑)
購入してから、だいぶ経過しましたが何故か飽きないこのゴツゴツしたカメラらしい感じと、仕事用ではないので少々扱いは雑ですが、「この私が」常に持っているというのは良いカメラの証かもしれません。
というのも大体コンデジやスマホは無くても日常生活では全く困らない性格で、ほとんど買っても手元にある期間は短いのですが、LX100は手元にあるとニンマリします。

今回はカメラ談義はさておきDMC-LX100で最初に触って撮ってみたポートレート画像を見ながらiA機能を探っていきます。
ちなみにiA機能は、全部カメラに任せてしまうオート機能です。
協力頂いたのはモデルの「上宮希子さん」です。
「なぜゴツいカメラで撮らないのだ!」という疑問を感じる視線はさておき(笑)まずはご覧下さい。

lx100人物写真1
一部レビューサイトではLX100は写真が眠いと言われますが、撮影条件によるものでしょう。
特にiA機能での撮影ではカメラが「シャープでいこう!」とか状況に合わせて考えているようです。
では次にもう少し状況を変えて、服と同系色の背景の前でiA機能でパッと撮ってみると・・

lx100人物写真2
お分かりだと思いますが、少しシャープさが消えて眠くなりましたね。
これが俗に言う「眠たい写真になる」原因です。

当然、こうした仕上がりの違い(バラつき)を防ぐにはマニュアル設定をすれば簡単に調整できます。
コンデジ全般に言えることですが、オート機能で撮るとISO感度が激しく変化してしまうので、中級者程度の人はマニュアルで操作する方が楽しさがアップするでしょう。

カメラはメーカーや型式によって必ずクセがあります。
LX100のようなレンズ一体型ならクセはすぐに理解できますが、レンズ交換式では組み合わせレンズによって自分の好みのカメラ側の設定などを探したり慣れるまでに時間がかかるかもしれません。(それが楽しいのですが・・)

とはいえLX100は単なるコンデジとは違い思わぬ所で効果を発揮した場面がありました。
先日とある事務所のモデルさんを撮ったのですが、室内のスペースが非常に狭く、カメラを構えたい場所でフルサイズ機だと厳しいと思ったので、LX100を使って厳しい状況をすり抜けました。

仕上がり自体もマイクロフォーサーズなのでブック程度の大きさなら全く問題ありません。
LX100にストロボシンクロ用の送信機をつけて初めて撮ってみましたが特に誤作動もなく、軽快にシャッターを重ねました。
こうなってくるとLX100で作品撮りなんていう欲求も湧いてしまいます。

LX100のようなコンデジでガチでスタジオ撮影したサンプルはまだネット上では少ないようなので、そのうち撮ってみようと思います。
あと、「フルサイズとLX100の写真だけで果たして撮影カメラの見極めがつくのか?」という意地悪なクイズも楽しそう(笑)
ともあれLX100は楽しいカメラで、新機種(後継)が出たら買ってしまうでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション