商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. プロとして写真を撮るための条件

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
プロとして写真を目指すには
大げさなタイトルを付けてしまって戸惑いますが(笑)、弊社にも最近はアシスタントからカメラマン希望の方にお会いする機会も出てきました。
業務を拡大するということはまだ少し先になると思いますが、改めて「プロとして撮る」ということについて触れていきます。

私自身、誰かに師事してカメラを学んだことは無いです。
しかし、現在はお金を貰って撮影を代行していますので、世間的に見れば「プロ」なのでしょう(笑)
趣味で写真を楽しむのとは違い、業務となれば撮影に関する引き出しをどれだけ活かして希望の写真に近づけるかが重要になります。

ただプロ・アマ問わず変わらないのは「写真は楽しい」ということです。
体力的にきついとかは、どんな仕事であれ避けては通れませんので、考えたこともありません。
すべては撮影終了後の満足感で肉体的な疲労は帳消しになります。

では満足感とはナニ?

こうした気持ちになるためにはゴールがイメージ出来ていなければ得られません。
つまり「こういう写真にしたい!」という仕上がりのことです。
当然、厳しい条件での出張撮影では予定は崩れ、出くわした環境でゴールを迷走しながら探します。

こうした着地点を決めるには「撮影の手段と知識」は絶対条件になります。
冒頭で「写真を始めるために師事したことは無い」と書きましたが、仕事として写真を撮ることになって最初に圧倒的に自分に足りないと痛感したものは、「知識と経験」です。

経験といっても個人がスタジオを借りて、テストをするにも費用がかかる上、そもそもどうやって知識を得ていくのかという方法すら分かりません。
そこで私が行なったのは、まず写真のジャンルを明確に意識することです。
モデルコードの場合は当然アパレル・ファッション系となる撮影手法です。

そして今も昔も変わらずやっている習慣として「自分の扱う業界の写真」を必ずチェックして、気になったライティングがあれば、ストロボの配置状況や使用機材などを予想して、セッティングの予習をします。
そうしたパターンが溜まったら、スタジオで実際に照明などを組んでテストをし、修正をくり返します。
この時、モデルは呼びません、マネキンで撮影してじっくりと学習していきます。
一例をご覧頂くとこんな感じです。

撮影の予習復習メモ
雑誌などの写真から照明を予測して、実現できるように近づける。
一見するとモノマネのようですが、雑誌の写真に撮影方法は掲載されていないので、独学で近づけていけばオリジナルの照明パターンになります。
こうした極秘ネタ帳は今は私の財産で「知識と経験」を補ってくれます。

プロとして写真を撮るための条件を私なりにお伝えするのであれば、「プロは必ず努力をすること」です。
高価な機材や独特なセンスがクローズアップされがちですが、地味な作業は必ず実力に変わっていきます。
その場限りのセンスで10回中3回がパーフェクトな写真が撮れるよりも、100%の確率で平均以上の写真に仕上げることの方が余程難しいのです。

撮り続けるジャンルを見極めて、それに対して猛進する!
こうした地味な作業を繰り返していくうちに、ふと気付けばお客様から「さすがプロ!」と、ありがたい言葉を頂けるのです。

写真を撮るプロという意味は、講習を受けて肩書きをもらうのではなく、意識を持って写真に向き合った結果、周囲がプロとして納得してくれるかどうかで決まります。
あとは地獄のような現場をいくつか通れば、テクニックなどただのオマケと気付くはずです(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション