商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 安価なモノブロックストロボはここに注意!

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
モノブロックストロボの選び方
商品撮影には欠かせない「光」、代表的なものとして「モノブロックストロボ」がありますが、移動も便利ですしジェネレータータイプと比べて比較的に安価に購入できることもあり、撮影に導入されているショップも見かけるようになりました。

ジェネレータータイプと比べて安価とはいえ、「きちんとしたストロボ」は8万程度はするので常時使わないショップにとってはまだまだ敷居は高い撮影機材とも言えます。
そこでネットで検索すると出てくる「非常に格安なモノブロックストロボ」・・魅力ですよね~、なんといってもコスパが良さそう・・・

今回は実際に私がこうした格安ストロボを買ってみて、高価なものも何が違ったのかを経験談を交えてご説明します。
まず、私も皆様同様「破格のプライス」が魅力でした(笑)

さすがにメインとしての導入は考えていませんでしたが、「サブ照明としてあってもいいかな?」と簡単な気持ちと2万弱で手に入るのが魅力で3つ買いました(笑)
結論から言いますと、

個体差がありすぎるぅ~!

これに尽きます。
モノブロックストロボの違い
A・B・Cの3つのストロボの光量をメーターで計測してみると、酷いものだと発光する毎に数値が変動する始末・・
これがどういう結果になるかと言えば、ライティングを完了させ、同じカメラ設定でバンバン撮ると「明るい写真」、「暗い写真」が撮れてしまうことになります。
また、撮影を続けるとストロボ本体が異常に熱くなるものと、そこそこ発熱を抑えて頑張るタイプに分かれて・・ここでも個体差が発生。
これではライティングどころの話ではありません。

商品撮影では使用するのは無理だと分かり、簡単な取材用のサブサブ機として使っていましたが、次に出てきた症状は「発光しない・・」
ストロボを分解してみると、コンデンサが容量不足だと判明・・結果焼き付きを起こしてお陀仏です(笑)

購入した3つの内2つは既に廃棄となっています。(残った1つはとんでもないアクシデントが起こった時の保険として保管)

それ以来、こうしたストロボを購入することはありませんが、レビューなどを見てみると「この値段なら仕方が無い」と書いている人もいますが、撮影照明機材は「安定して発光してこそ普通」なのです。
発光するから許容範囲ではなく、安定した光量を発光して3ヶ月で潰れたなら納得ですが、そもそも光量が安定しないのはナンセンスなのです。

まとめると安価なモノブロックストロボを購入する際の注意点というか覚悟しておきたい点はこれです。
・発光量が一定でない場合が多い。
・ストロボ内部のコンデンサが粗悪なものが多い。
・200発くらい発光させると異常な発熱が起こるものもあるので火災に注意。
・発光管によって色温度にバラつきがあるため、クセを把握する必要がある。
・電源ケーブル自体が熱を帯びるようなら電圧異常があるため使用を中止する。
・ライトスタンドの差込口は壊れやすいので予め補強する。
etc


イケてない点を挙げればキリがないですが、ここで考えてみましょう。
これだけのリスクを背負って購入する意味があるのか?(笑)

商品撮影に限らず撮影作業は集中力です。
撮影しながら「ストロボ大丈夫かな??」と考えるほどストレスが溜まって撮影業務の邪魔になることはありません。

値段的には割高になりますが、ストロボは疑わしい商品を買うよりは安心できる撮影機材で集中することをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション