商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 撮影場所を利用した写真照明の考え方

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
環境に合わせたライティング
社内で商品撮影ボックスなどを利用して商品を撮っている人も多いと思いますが、どうしてもボックスを利用する場合は、「箱のサイズで撮影できる商品の大きさ」が決まってしまいます。
人物撮影を行ないたいけど特別な機材が必要になりそうで手が出せない・・
とはいえ、スタジオを借りてまで撮るまでもない・・
今回は事務所の中で人物撮影を行なう、でも照明は1つしか持っていない・・そんな時でも手軽にライティングを考えるためのヒントをご紹介します。

まず事務所内でよく見かけるのは「横長で筒状の蛍光灯」が一般的に使われていると思います。
人物撮影でも小さなブツ撮りでも「トップライト(天井からのライト)」は綺麗な写真を撮る際に意外と重要なので、この天井に設置されている照明を使わないのはもったいない!
でも裸のままの蛍光灯の照明をそのまま使ってしまうと、「光は硬くなってしまう」ので、少し大きめのトレーシングペーパーで蛍光灯を覆います。
※蛍光管に直接貼るのではなくドーム型に緩く貼ります。(火事注意)

天井照明でのライティング
これで擬似的に大きなソフトボックスしてしまいます。(蛍光灯が複数ある場合は撮影に影響する照明は外すか同じように覆います)
あとは人物の立ち位置ですが、立つ場所によっては顔に変な影が出てしまうので注意しながら立ち位置を探して撮影すれば、自然な室内写真となります。
スタンド照明などがある場合は、同じようにトレーシングペーパーで覆って、顔に出てくる余分な影を打ち消すように照明の当ててもOKです。
活字で書いてしまうと何だか難しそうですが、要は大きな商品撮影ボックスを作ってしまう感覚で行なえば、「トップライト」+「メインライト」の2灯撮影の原理と変わりません。

実際に撮影してみて光量の割合などを写真で確認しながら「立ち位置」やカメラの設定を変えていくだけです。
この時、天井の蛍光灯から射し込む中心の光が、人物の頭の真上に当たるようにはせず、「少し後頭部寄りに光の軸(中心)がくるように」立ってもらうと、顔に余分な影が出てしまうのを軽減できます。

商品撮影ボックスなど既成品を使った撮影に慣れてしまうと、写真を撮るためには何かしら特別なものが必要になると思いがちですが、
写真照明の考え方は「ここではできない」と考えるのではなく、「ここでできる照明の当て方は何があるか?」と思考を変えれば意外とヒントはあるものです。

自社にある照明(光を出すもの)を一度見直してみて、型にはまり過ぎない商品撮影にチャレンジしてみて下さい。
ひょっとしたらオリジナリティ溢れる素敵な写真が撮れるかもしれませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション