商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品写真の一覧ページに小技をきかせる

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影の使わない写真を活用
最近、ひそかに大手の通販サイトもやっている、商品画像がクルクル変わるアニメーション。
特に最新の技でもなく、GIFアニメーションで簡単にできてしまいます。
商品撮影が終わって使いたいカットがたくさんあっても、モールの仕様上、画像が使用できる枚数が決まっている場合などに有効かもしれません。
また商品を一覧で表示させたときに、「動く画像」と「静止している画像」をランダムに配置すると、消費者へのPR効果もあります。

では、実際にどのように制作するのか見ていきましょう。
今回はPhotoshopなどの特別な画像編集ソフトを使わなくても手軽にGIFアニメーションが作成できるオンラインサービスを使った事例をご紹介します。
写真の準備


1:まずは使用する写真を用意しましょう。
2:バナー工房にアクセスして、使う写真を選択します
3:点滅時間を1.5秒から2秒くらいに設定して「GIFアニメを作成する」をクリック
ハイ、動く商品写真のできあがり!!

実に簡単です(笑)
では、早速♪動く写真と動かない商品写真を比べてみます。
静止した写真.jpg動く写真
いかがでしょうか?
こうした商品画像が入っていると思わず商品を見てしまうので、主力商品やセール品などを目立たせることもできます。

こうしたアニメーション効果は例えばこんな作成方法も考えられます。
展開サンプル写真
ご覧の通り、「ひざ上のモデル写真」から「首回りのポイントカット画像」に切り替えることで、商品の個別ページに移動しなくても、サムネイル一覧の状態で商品自体のディテールをPRすることも出来てしまいます。
実際に商品撮影で納品された写真の有効活用として参考にして下さい。

写真は構成次第で武器になりますよ♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション