商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. ウィッグなどのヘア商品の撮影方法

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
ウィッグやヘアサロンで使える撮影方法
アパレルと言ってもジャンルは広く、単に衣服のみの撮影ばかりではありません。
商品撮影はクライントが扱う商材によって照明パターンの提案ができる点が良いスタジオの条件でもあります。
今回はウィッグやヘアカタログでも使える照明サンプルをご覧頂き、少しネタバレも記載してみたいと思います。

衣服に限ったことではありませんが、消費者が購入した後に「太陽の下で商品がどのような色になるのか?」という疑問が湧く商材にウィッグがあると思います。
ウィッグなどのヘアー商品というのは、暗い照明下で撮った場合と強くライトを当てた場合のライティングの違いで商品の印象は大きく変わっていきます。
例えば明るい「ライトブラウン」のウィッグを購入しようとした場合、照明の当て方によっては「ダーク」にも「ライト」にも写ります。

ということで、ウィッグ系については弊社では最低3パターンの照明は単純に思い付きます(笑)
スタンダードなもので、ヘアカタなどでも流用できる参考照明をご覧下さい。

ヘアー撮影の照明サンプル
写真は自毛ですが、髪型の輪郭と明部と暗所の境界が分かりやすいと思います。
また、モデルの肌質の柔らかさや全体の色合いも優しい印象で伝える事ができます。

一見すると、スタジオでなければ撮影できないと思いがちですが、コツが分かればどこでも撮れます。
この照明のコツは、モデル背面から強い光が当たっている、つまり逆光になっていることです。
でもそんな状況は作れない・・・と思っていませんか?

例えば、事務所の窓際に太陽の陽射しは入ってきませんか?
またデスクの照明スタンド・・使えませんか?

要は、モデルの顔(前面)と背面とのコントラスト(光の強弱)があれば、シチュエーションとしては同じです。
ヘアカタログなどでハウススタジオを使って綺麗に撮られた写真がありますが、社内を見渡して窓に太陽が挿し込む場所さえあれば、擬似的に同じような印象の写真に近づけることは可能です。
窓が汚れているなどの場合は、レースのカーテンなどで隠したり、絞り数値を小さくして背景ボケにしてしまえば良いのです。

しかし、このままだと、前面と背景との明暗差があるので、顔が暗く写ってしまうかもしれません。
その場合はレフ板(必ずしも撮影用品である必要は無く、大きめの白い模造紙でもOK)で、顔に背面からの光の回りこみを反射させるように調整すれば良いのです。

工夫次第で、お客様でもカメラを持っていれば撮影できてしまうことは商品撮影ではよくあることです。
今回参考に出した程度の照明テクニックで「ハイクオリティ」だと言うのであれば、そのスタジオは疑わしいぃぃ(笑)
ヘアライティングはもっと楽しく深い分野です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション