商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. スタジオ撮影は色の再現性にこだわっている会社を選ぶ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品写真の色の再現性について
説明用の写真撮影において、商品カラーの再現性というのショップ側にとって神経を使う部分だと思います。
アパレル商材を扱う店舗にとっては微妙な生地感や色合いで、消費者が想像していたものと違うという理由で返品になってしまうケースもあるようです。
今回はお客様から寄せられた他社で撮影された商品写真の色合い問題の1つの検証をしてみたいと思います。

業者によってデジタル現像に使用するソフトはカメラメーカー準拠のソフトからLightroomなどのサード製のものまで幅は広いですが、比較としてより分かりやすくなるように、スタジオ撮影時のカラーディング(色再現の適正値の把握)を行なっていない場合にどのように商品色に変化が生じてしまうかをご覧下さい。

現像プロファイルによる色の変化
左側の写真はカメラ設定をAdobe RGBで設定して、Adobe RGBにて現像処理を行なったものです。
右側はカメラ設定をsRGBに設定して、プロファイルを「Camera Standard」で現像処理を行なったものものとなります。
厳密にはネットで公開している時点でsRGBとなりますが、色の比較として参考にして下さい。
両画像とも現像処理の段階では特に数値はいじっていませんが、拡大すると同じ商品色になっていないことが分かります。

どちらの写真が実際の商品の色を再現しているかと言えば、「左側の写真」となります。
もし消費者が右側の写真をイメージして商品を購入した場合は「もっと鮮明なブルーかと思った・・」となる可能性もあります。

こうしたカラー障害は、何も上記のカメラ設定だけが問題ではなく、やはり適正なモニター上でのチェックが重要です。
微妙な色の変化に対応できるモニター環境さえあれば、忠実な商品色に近づけることはできるのですが、やはり激安価格でのサービス展開の場合は、「いかに回転率を上げるか!」に重点が置かれる傾向があり、「ただスタジオ環境で撮った」という印象は拭えません。

撮影スタジオに何を求めるのかは利用者側の目的によって変化しますが、実際に商品を購入する立場の消費者からすれば、「綺麗な写真かもしれないが、実際に届く商品の色は、この写真の色合いを信じていいのかな・・?」と余計な所で購入をためらってしまうのはショップ側にとっても得策ではありません。

「綺麗な写真」と「忠実な写真」とは見てもらう側に立って考ることが賢明で、資料としてなら「忠実な商品色を再現したもの」、ショップのイメージ性を出すなら「綺麗な写真」として公開、判別ができるようにしておくべきではないでしょうか?

当然、消費者側のモニターによる色の違いが生じてしまうことは避けられませんが、どこがで「基準となる色」を決めておかなければ商品写真は成立しません。
その役目を担うのは撮影作業を行なうスタジオ側の使命だと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション