商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 写真の加工はデジタル世代からの話ではない

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
写真加工のはじまりについて
デジタルカメラで撮った写真を加工する・・と聞くと一般の方はあまりプラスのイメージを持っていない人も多いかもしれませんが、「未加工の写真」と「加工して仕上げられた写真」一体いつ頃から始まったのでしょうか?
答えは写真がはじまったその時代から「写真加工という表現への挑戦」は存在していたのです。

人物写真の場合、「写真いじったよね」と言えば、あたかも整形手術をしたかのような印象を受けますが、世の中に加工されていない写真など無いと言ってしまうと誹謗を受けそうですが、フィルムやネガの段階から、色を調整してプリントするという段階で加工というならば、案外「世の中すべては加工写真」です(笑)

個人的には加工する、しないに関しては特に先入観もありませんが、写真加工への前提として「元画像よりもさらにレベル(質や表現)を高めるために行なう処理であるべき」と考えています。
例えば、撮影現場で「あとでソフトで何とかするカメラの設定もオートでいいや」という考えはNG!
撮影現場での環境や機材などを考慮してイメージに近づけるためベストを尽くして、さらにソフトでイメージに近づける!これが加工ではないでしょうか?
昔から暗室での作業はブラックボックスで「撮影者の最終仕上げ」なのでこれも最終加工とも言えますね。

カメラメーカーでもあるフジフィルムのプリントサービスに、「FUJIFILM Professional Xプリント」というのがあるのをご存知でしょうか?
これは「FUJIFILM Xシリーズ」で撮られたカメラに限られますが、Xプリントマイスター(プリント写真の匠)が仕上げてくれるサービスです。
簡単に説明すれば、送られてきた撮影データをマイスターが判断して「極上の色味と雰囲気のある写真」としてプリントしてくれる。
利用した経験のある方なら分かると思いますが、「うっとりするほど見事な写真プリント加工」・・・
つまり、先にも述べた写真をさらなる高みへと導いてくれる、色合いやディテールへのプリント加工処理はまさしく匠です。

プリント加工出力サービス

なんかフジフィルムさんの宣伝みたいになてしまいましたが(笑)、フィルムカメラでは写真の仕上がりはプリントに全てがかかっている!というのが常識でしたが、ネットの普及に伴ってあまり撮った写真をプリントする機会が少なくなり、写真の加工という言葉が「下手な部分を補正する」という意味合いになっていることには少々疑問が湧きます。
プリント処理=デジタルの今ではデジタル現像(加工)がマイナスなイメージではなく、表現方法の1つだという本来の意味を忘れてしまっては淋しいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション