商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 大量の写真を一気にリサイズするコツ

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
大量の写真をリサイズするコツ
商品撮影された写真を使用する場合に、ECサイトごとに画像サイズが異なる・・
そうした場合、画像の縮小リサイズ処理どうしていますか?

納品された写真を1枚ずつ画像編集ソフトに読み込んでサイズを調整・・・これでは時間と手間がかかります。
フォトショップのスクリプト処理を使っても良いのですが、お持ちでない人もいると思うので、今回は無料で使えて複数の画像のリサイズやフォーマット(ファイル形式)変換を一括で行うツールをご紹介します。

ソフトウェアはWin版で「Ralpha Image Resizer」Vectorページ ←こちらからダウンロードして、解凍し、「Ralpha.exe」をクリックしてソフトを立ち上げます。
では早速、一気に大量の画像をリサイズしてしまいましょう!(3,000枚くらいはエラーなど無しでリサイズしてくれますw)

とはいえ直感で使えてしまうソフトなので、主要部分のみササッとソフトの解説をしていきます。
まず、メニューから「設定」を開いて読み込むファイル形式の設定を確認しておきます。
ここでは「JPEG」の項目を見て「品質」を「100」で「OK」で閉じます。
もちろん「JPEG」以外のファイル形式に変えることもできますので、その際は「フォーマット変換設定」を触ります。
画像リサイズの準備

続きまして、「画像の横幅」を決めていきます。
赤枠左の「大きさ」の項目から画像をリサイズする時の基準の「辺」を指定します。
図では「短辺基準」となっていますが、縦長、横長の画像サイズで混在している写真を通販サイト用に統一するには「幅」での基準でもよいでしょう。
ここでもピクセルやパーセントで指定できるので非常に用途を選ばず便利です。
画像のリサイズ幅を決める

さて、最後にリサイズをしたい画像をドカンとソフトにドラッグ&ドロップしてメニューから「変換」→「実行」で終了!簡単です。
リサイズしたファイルの出力先(保存先)も「設定」→「出力フォルダ設定」で行なえます。
画像リサイズの実行

まとめ
こうした画像リサイズソフトはいくつかございますが、有料だったり変換時にエラーが出たりと中々シンプルで高機能のものは少ないですが、「Ralpha Image Resizer」は優秀です。
使い道としては、楽天では短辺800pxで画像を作っていて、Yahooショッピングでは700px・・というようにECサイト毎で画像サイズが異なる場合は、予め大きいサイズ側で制作をしておき、あとは一気に画像をまとめてリサイズ処理を行なえば、作業時間の短縮になります。

弊社の商品写真の場合は、最低1500pxで撮影画像を納めているので、画像リサイズの相談はたまにございます。
かといって800px納品だと編集するときに服のパーツのアップをトリミングする際に、不便ということで1500pxの大きいままの画像を希望されるお客様も多いです。
編集は、自由度のある大きいサイズで、画像加工が済んだら一気にリサイズ!これが便利かもしれませんネ♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション