商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影サービス提供側の料金提示

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影サービスの料金への疑問
弊社はアパレル向けの商品撮影サービスで、特にモデル撮影を主に行なっていますが、時折「アパレル以外」の撮影の問い合わせを頂くことがあります。
相談を頂ければ対応するようにしていますが、料金提示という点で見れば安価な提示になっていると思います。

例えば全く撮ったことの無いジャンルというのは基準とする価格帯が存在していないのです。
もちろんアパレル関連商品であれば、オールジャンル撮影経験がある!と自負していますが、イレギュラーな商品の撮影依頼の場合は「最低限の費用」に抑えます。
理由としては、「サービスとして料金を頂くため」で、「写真が撮れることと、写真でお金を頂くレベルとは別の話」だと考えるからです。

プロとして最低限度の撮影ノウハウはありますので、もしかしたら初チャレンジでもクライアントは納得するかもしれませんが、最終的に判断するのは撮影者自身が「お金を頂く写真素材」となったかを厳しく自己分析できるかが重要です。
曖昧な料金を頂くのであれば、赤字になっても勉強をさせて頂いた方が今後の為になる!プロといえども得意、不得意はあることは世の中の商業カメラマンは誰でも自覚している部分だと思います。

しかし昨今の商品撮影サービスに目を向ければ、「何でも撮ります!」的な風潮が多く存在します。
それだけ多ジャンルに向けたカメラマンが多数存在すれば対応はできると思うのですが・・
ウェディングカメラマン、料理カメラマンなどカメラマンが得意とする分野で専門的に活動する方がいる中で、通販、ネット向けではジャンルはなくなっている。
失礼ながらネット通販サイトを覗いていると、失敗とまでは言わないですが、明らかに「ただ撮った写真」を納品しているケースもあります。
逆に物撮り専門として高いレベルでリーズナブルに展開している業者も存在しているのも事実ですが、ネット上では判断が難しくなっています。

商品撮影サービス提供側の料金提示を精査するポイントは「依頼主に変わって撮るだけのサービス」か「依頼者ではできない写真を撮るサービス」なのかを感覚として判断するしかありません。
サイト上では写真の「クオリティ」や「価格の安さ」などの文言はどこの業者も横並びで書いています。
要はその言葉に負けないくらいの写真サンプルでの説得力があるかどうかが問題です。

ひとつ例を挙げさせて頂けば、「アマナグループ」の撮影サービスは品質も高い商品写真素材を必ず納めてくれるという安心感があります。
このクオリティを安価なネット撮影サービスと比較するには無理がありますが、こうした企業のサービスにどれだけ自社の価格帯で近づけるができるかを模索しています。
撮影料金は個々の企業で決めれば良いのですが、「利益を出すための価格設定」と「技術に見合った価格設定」とを考えると現在の風潮はどちらに向いているのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション