商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 印刷用の商品撮影での写真の色味の違い

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
印刷用の商品撮影について
商品撮影サービスには「印刷用」と「Web用」とに分けられている場合が多いですが、何となくAdobe RGBとsRGBの違いについての理解をされている方も増えてきています。
単純に言えばAdobe RGBは発色領域(色域)が広く、sRGBはAdobe RGBに比べて色域は狭くなります。
ネット向けの商品撮影であれば、写真を見る環境(対象)の人はsRGBですので撮影業者もsRGB上で忠実に再現できる商品色を目指して納品します。
但し、モニターパネルの品質などによって色再現性は大きく変化してしまうため、依頼する業者をキチンと見極めることが大切です。
単にIPS液晶で見ているだけでは正しい色を表示できないため、環境と色を管理するスキルも必要です。

ざっと書いていくとAdobe RGBとsRGBの話題になってしまうので、本日はここまで(笑)
今回は、ウェブ用で納品された写真をそのまま印刷に出したら「色がおかしくなった・・」という、よくあパターンについてです。

そもそもウェブ用のデータを印刷用途で使われてしまう事故はさておき・・、なぜこのような「色味の変化」が生じてしまったかを簡単にご説明します。
まず印刷用とウェブ用とで撮影の仕方が違うことはありません。
また、納品時の「印刷解像度」という点でも、PCモニター上で見る色の変化を感じられないと思います。

原因はCMYK変換です。

「CMYK」では「RGB」とは色域が異なります
ご存知の方もいると思いますが、色を表すカラーモードには、「RGB」と「CMYK」という2種類があり、「RGB」は、パソコンなどのモニター表示などに利用されているカラーモードで、「CMYK」とは、印刷用として使われるカラーモードです。
「カラーモード」という言葉を覚えておいて下さい。後ほど記事のまとめに登場します。

RGBカラーはCMYKカラーに比べ、色の表現できる色の範囲が広く、RGBで表現できる原色に近い鮮やかな色が、CMYKでは表現できないことがあります。
簡単な事例としてRGBで作成した色をCMYK(印刷用)に変換した時の色の違いを見てみましょう。

CMYKとRGBの色合いの違い
同じ色ですがカラーモードが変更されると「くすんだ色」になることが分かると思います。
こうした現象の要因は、CMYKカラーモードは色の三原則:R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)にK(ブラック)を足した「減法混色」であるため、色が混ざるほどに暗くなり、黒に近づいていくためです。

印刷用のデータ作成は色域を確認する
こうしたカラーモードによる印刷後のミスを防ぐには、「CMYK」のカラーモードで撮影写真の編集をしなければなりません。
注意したいのは、印刷用に商品撮影を頼み、そのあと自社のPCで編集を行なう場合、フォトショップで「RGBモード」で写真を開いて校正をしてしまい、そのまま印刷業者に出してしまうパターンです。
これでは写真はCMYKからRGBに変換されてしまいます。(PC画面上は綺麗なのでそのまま入稿してしまう・・)
こうした印刷用のデータを作成する時は出力先に合わせて作業・編集をしなければならないので、必ずCMYKモードを選択しましょう。
「WebはRGBで作成」、「カラー印刷はCMYK」で作業・編集・作成すると覚えます。

カラーモードとカラースペースは違います

最後に今回はカラーモード(RGBとCMYK)について記載しましたが、冒頭で触れたAdobe RGBとsRGBの関係性は???
もちろんございます。
Adobe RGBとsRGBとCMYKでは、再現できる色域つまりカラースペースは異なります。

ん?でもAdobe RGBとsRGB・・どちらも「RGB」じゃないか!!

そうです、CMYKカラーモード上では、Adobe RGBもsRGBもCMYKで出力するために色調補正が必要となります。
「カラースペース」とは色の再現(色域)です。
対して「カラーモード」はPCなのか印刷なのか?出力先に合わせて作成する作業です。

よく勘違いされるのですが、「写真をAdobe RGBで撮ったから大丈夫!」ではなく、印刷に出す場合はCMYKカラー印刷に合わせなければなりません。
そのためAdobe RGBのカラースペース、CMYKカラーモードでの作業時に正しい色を再現できる管理されたモニター環境が必要なのです。

極端にいえば、カラースペースの広いAdobe RGBで写真を撮っても、正しいモニター環境でなければ意図した色味を再現することは難しいということになります。
現在では印刷業者さんもRGBで納品された写真が入稿されることも予想しているようで、色合いが変化して明らかにおかしい場合は連絡をくれるようになっていますが、これは印刷屋さんのご好意なので、入稿する側が理解しておくことに越したことはありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション