商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. 商品撮影に起用したいモデルの条件

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
商品撮影のアパレルモデルに必要な条件
弊社のみならず、アパレルでの商品撮影にはモデル着用イメージというのは不可欠になってきていますが、これからアパレルモデルを目指す人に知っておいて頂きたいのは「自己主張の意味を理解する」ことです。
今回は、より実践的な心構えがテーマになりますが、現場で何が求められているのかを少しでも知ることで、いま自分が考えている「モデルの認識(意味)」と照らし合わせて考えてみると面白いかもしれません。

モデル商品撮影での「自己主張」というと、優れたポージングだったりを連想するかもしれませんが、経験上ポージングなどの「練習して習得する部分」については個人差はあっても練習、つまり努力をすれば誰でも身につけることはできるはずです。
しかし「自己主張」としてポージングを捉えれば一定のパターン化された動きでは個性を出すことは困難になります。

ではどうするか?

モデルや撮影について、猛勉強や研究をする必要は全くありません。
自身の生活パターンの中で「心を動かす作業」を積極的に行なえばいいのです。
少し宗教っぽくなって自分で書いていて笑ってしまいますが、簡単に書くと「自分が見て、聞いて、感じた」そうした事柄の中にモデルにとって大切な「表現力」に通じるヒントがたくさん存在しているという意味です。

自己主張(表現力)とは、その人の中にある感情や意識の幅によって変わります。
モデルになることを意識して生活をしている人とまったくしていない人、この両者では明らかに生活の中で得ることのできる情報量は変わります。

例えば、女性雑誌を見ていて「このポーズと笑顔のバランス覚えておこう」と考える人は、雑誌の出版社側から雑誌を見ている、つまり自分が撮影モデルになることを意識して雑誌を見ていることになります。
対して一般の人は「この服かわいい!どこのブランド??」と消費者側からの目線で雑誌を見ていることになります。

何気ない行動パターンですが、撮影現場で「○○で出てくるブランドの感じって分かる?」と質問すると消費者側から見ているだけの場合は、頭の中に服のイメージしか残っていないので、表現方法はおろかイメージの方向性すら掴めない状態になってしまいます。

モデルとしての表現(しぐさ)は、「ものまね」から始めればいいと考えます。
自己主張としての表現方法を「自ら生み出してやる!」と意気込んでも、きっと失敗に終わるでしょう。
理由としては「個人が考える表現」よりも「世間に認知されている表現」を素直に学ぶべきです。

商品撮影に起用したいモデルの条件としては、「表現方法のパターンを多く持っている」ことも重要です。
クライアントから指示されて「何もパターンが思いつかない・・」これではアパレルモデルとして失格です。

テーマの最後にアパレルモデルになりたいと思ってはいても勘違いしているよくある5つのパターンをご紹介。
1:自分が好きなアイテム自慢はできるが、イレギュラーなジャンルのアイテムを着こなすスキルはない。
2:メイクが上手そうに見えるが、1つのパターンしかなくジャンル別のメイク方法を知らない。
3:手足は長くてモデルとしては理想的だが、動いたらスタイルが崩れる。
4:やたらとSNSで顔のアップを撮っているが、全身写真での自身のスタイルバランスの悪さを本人が気付いていない。
5:何となくサロンモデルなどの撮影経験は豊富、でも撮影毎に求められている内容を理解する力がない。


上記に1つでも該当する場合は、アパレルモデルとしての「自己主張の意味を理解する」これに尽きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション