商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集
  3. パナソニックのLX100が好きな理由

商品撮影ヒント集

ネットショップをメインに商品撮影に関連する記事を公開中です。
写真のテクニックや代行サービスの現状を理解して頂き、ショップ運営の参考にして頂ければ幸いです。
コンデジ選び
コンパクトデジカメを商品撮影で使っている人も多いと思いますが、最近のコンパクトデジカメ良いですよね~
先述しておりますが、私も最近パナソニックのDMC-LX100を購入しまして楽しんでおります(本番では使っていませんが・・w)
カメラ自体のメカニカルな部分を話しても長くなるので、今回はこのコンパクトデジカメを選んだ理由について雑談的に書きたいと思います。

まず、購入機を決めるまでのリサーチは好きなので、最近出ているコンデジについては結構調べました。
自分の使用用途からコンデジに求める優先順位はこんな感じです。
・撮像素子が1型以上であること
・毎日バックに入れて持ち運ぶ(仕事上サッと撮りたいことが多いため)
・自然な色合いで撮れる事


価格についてはコンデジもピンキリですが、上記条件に当てはめると上限は8万程度かなと予想できました。
また画素数などについては、ガッツリ業務用ではないのであくまでもデジタル一眼のサブ機として考えていました。

そして各メーカーのコンデジを実際にノーマル状態で撮ってみると少し気になる点が・・・
というのも普段の業務で使うのはNikon時々、キャノンなので、何となく色合いは予想できたのですが、条件に当てはめていくと最終的にはSONYとPanasonicになりました。(ソニーはDSC-RX100M3、パナソニックはDMC-LX100の2機種)

手に持った印象は明らかにRX100M3の方が持ち出しやすく好感が持てましたが、2機種のカメラの設定を初期化して(すいません勝手にw)、それぞれ写真を撮ってみると大きく発色の違いが見られました。
撮った印象をサンプル画像化してみましたので、ご参考までに

メーカーによるコンデジの発色の違い
左はパナソニックDMC-LX100の印象で、対して左はソニーRX100M3の印象を再現したものです。
パナソニックは写真好きからすれば「眠い感じの写真」、対してソニーは「コントラストと発色が良い」印象です。
ま、カメラの液晶モニターの違いもあるのでしょうが、個人的には撮った時に「良い写真でしょ!」と主張するカメラは嫌い(笑)
感情論ではなく、こうしたコントラスト強めな感じは初期設定から各所をいじれば、どのメーカーでもある程度補正はできます。
ただ求めるのは「初期設定の状態からフィルター効果っぽい画像を出さないでね♪」という切なる願い(笑)

厳密に言えばレンズが違う、処理エンジンが違うなど挙げれば論争ネタは多くなりますが、要は撮った時の購入者の感覚です。
個人的には彩度が多少低くても「ナチュラル」に撮れるパナソニックのDMC-LX100に即、決めました。

コンデジだけではなくカメラ選びは「ファーストインプレッション」が重要で、仕様に左右されずに「あ!いい感じ」と思って買うと長く使うカメラになります。(実体験)
「性能の良いカメラ」が「使ってみたいカメラ」である理屈はなく、「使ってみたいカメラが、その人にとって性能の良いカメラ」なのです。

今回ご紹介したソニーDSC-RX100M3、パナソニックDMC-LX100の2機種はいずれも良いカメラです。
大事なことは良いカメラを使って、どれだけ良い写真を撮っていくかです。
手にした段階でカメラのメカニカルなことばかり評価するのはやめましょう(笑)なんちて
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション